簡単ひんやりおやつ。コーヒーゼリーパフェを作る

こんにちは、つたちこです。
自宅作業が続く日々。
なんかおいしいおやつ、たべたい……。
そんな時にテレビで、アフォガードの話をしていました。
バニラアイスにエスプレッソをかけて溺れさせるやつです。
甘いのと苦いののハーモニー。おいしそう。

エスプレッソはうちで作れないけど、コーヒーでおやつなら結構簡単にできそう。
というわけで、ちょっと転じてコーヒーゼリーを作ってみました。

 

コーヒーゼリー、超簡単バージョンです。
用意したのは、ゼラチン、インスタントコーヒー、バニラアイスクリームです。

クックゼラチン

スーパーで売ってるこれを買ってきました。「ふやかす手間なし すぐとける!」と心強い。

300㏄のお湯をわかします。やかんに入れるときに水量を量ると無駄なく&熱くなくて簡単。
ゼラチンの規定量は「250cc」でしたが、柔らかめのゼリーが好きなので、ぎりぎり許容範囲の300ccで作ります。
(ゼラチンが80度以上で溶けるそうなので、ポットのお湯でも大丈夫そうです)

ボウルにスプーン山盛り3杯くらいのインスタントコーヒーを入れ、お湯で溶かしたら、ゼラチンも投入。

ゼラチンの説明を見て、300ccにしました。とろんとしたのが好き。

今回はボウルで作って、粗熱をとってからそのまま冷蔵庫で冷やしました。
クラッシュゼリーっぽくしたかったので、ボウルのまま冷やしましたが、もちろん器に移して冷やしてもOK。
1時間ほどで固まるので、適当な器にゼリーをよそって、市販のバニラアイスを上にのせたら出来上がりです。

バニラアイスは、せっかくなのでハーゲンダッツ! です。

コーヒーゼリーパフェ

器が暗くてわかりづらいですが、アイスの下にコーヒーゼリー。

ゼリーには全く甘みを入れてません。
コーヒーの苦みに、バニラアイスのやさしい甘さが絡んで、お上品なデザートになりました。

ゼリーを作る手間はちょっとだけかかりますが、まあ、お湯を沸かすくらいなものです。あとは混ぜて放置するだけ。
簡単なのに、うまーい。

夏の暑い日だと、濃厚アイスよりかき氷系が欲しくなりますが、大人ゼリー&アイスもなかなかいい感じでおすすめです。
夜に食べるなら、ちょろりとリキュール類とかラムとかを垂らしてもおいしいかもなあ。

 

溶かすだけで簡単便利。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ