大分産「美味柑」がジューシー&甘さ抜群でめちゃおいしい!

大分産美味柑がめちゃおいしい!こんにちは、つたちこです。

先日ジョギングをした帰りにスーパーに買い物によりました。
暑い日だったので結構汗をかいていたのと、おなかも空いてきていて、ちょっと低血糖みたいな症状でよろよろしていました。やばい。
スーパーに入ってすぐ、かんきつ類の売り場があって、そこにオレンジのようなものが試食用に切ってありました。目に鮮やかで、おいしそう。

と、とりあえず、これ食べさせてもらえるとちょっと症状が治まる……。

<スポンサーリンク>

普段はあまり試食とかしないんですが、見た目のみずみずしさに惹かれ、試食を一切れいただきました。

そしたら!
その試食の蜜柑がめっちゃおいしい!!
酸味は控えめで、甘さがつよくて、ジュースがたっぷり。
「え!? うま!!」
ってつぶやいてしまいましたよ。

名前は「美味柑」だそうです。
びみかん。すごい名前だ。自信のほどを感じます。
この時期のかんきつ類は、あまり食べたことがなかったんですが、これはうまい。
形はデコポンみたいに、おへそが出っ張っていました。
サイズもデコポンや伊予かんくらいの手のひらサイズ。
東京にも売ってるのかな。

これは、買う。
3個で498円、と地物にしては決してめっちゃ安いわけではないですが、買う価値ありです。だって、うまーい!!
速攻でカゴに美味柑を入れてしまいました。

<スポンサーリンク>

家に帰って、その日の夜に一個食べてみました。
くし形に切っていただきましたが、試食と同じように、とってもジューシーで甘くておいしい。
外皮は薄くて、爪を入れるとすぐ剥がれて食べやすく、薄皮は薄くてやわらかくて、そのまま食べても口に残らない。

とても瑞々しい美味柑

瑞々しさが伝わりますでしょうか。


よかった、お店でのどが渇いていたから、の幻じゃなかった!
まじでおいしい!

そのあと、「美味柑」について調べてみたんですが、あまり情報がないんですよ。
新しい品種なのかな……。
熊本県産で宇城産ブランド品、というのは見かけたのですが、販売時期が「11月上旬~12月下旬」となっていました。
今の時期にこれだけおいしいというと、また別物なのかな……。
wikipediaにも項目なしという状況です。

謎めいた「美味柑」。でも、おいしい。また見かけたら買っちゃうに違いない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ