【大掃除】クイックルワイパーで網戸掃除が超はかどった話

IMG_6375
「網戸掃除が、1枚1分で終わる……!?」
そんな都合のいい方法があるわけない! と思いきや、あったのですよ!
やってみたので、報告します!

Facebookに興味深い記事が流れてきた

花王さんのオウンドメディア「マイカジスタイル」。
家事関連の良記事が多いなーと感心しています。
マイカジスタイル | お気に入りのスタイルを見つけよう ハッピー家事メディア
そんな中で最近Facebookで流れてきた以下の記事を読みました。

網戸1枚わずか1分で完了!年末の網戸掃除はクイックルワイパーでラクしてきれいに
網戸1枚1分…!?
ま じ で … !?

(2017年追記)
上記記事はなくなってしまっていましたが、別ページで同様の紹介をしていました。
窓ガラス・網戸を簡単キレイ!掃除の時短テク
http://www.kao.co.jp/lifei/support/23/

網戸掃除は大掃除の中でもかなりの大仕事だ

窓&網戸の掃除は、かなり時間と体力と根性を使う掃除のひとつ。

私のいつもの手順だと、こんなかんじ。

  1. 網戸を外す
  2. 水をくむ
  3. 窓を拭く(外側は、スポンジ+スクイジーで洗う感じ)
  4. 水をくむ
  5. 網戸を洗う(スポンジと車用ブラシでざぶざぶこする。何度もこするので大変。)
  6. 水をくむ
  7. 網戸を要らない布で拭く(びちゃびちゃだとまた汚れそうなので)
  8. 網戸を元に戻す
  9. 水をくむ
  10. 使った道具を洗う
  11. 使った道具を乾かす
  12. 使った道具をしまう

やたらと、水を使います。
が、うちのベランダには水源がない。
なので、洗面所でバケツに水を汲み、何度も往復して掃除をします。
これがまた、かなり大変だし面倒です。

網戸洗いも、きれいになるのが楽しいところもありつつ、ずっと腰をかがめてやるのは結構大変。

なにより、水を使ってやるので、この時期にはかなり寒い
(逆に、春から夏にかけてやる場合には、水遊びみたいで気持ちいい一面も)

なので、道具、気温、天気、やる気、水汲み補佐役、などの条件がそろわないと、かなりきつい掃除です。

ちなみに、我が家では、なぜか窓&網戸掃除は私がメイン担当になることがほとんどです。
なぜなのか。

クイックルワイパーで網戸掃除ができる…だと…?!

この記事を読むと、クイックルワイパー+ウェットタイプのシートで網戸掃除が簡単に…!とあります。

手順はこちら。

  1. クイックルワイパーにシートつける
  2. クイックルワイパーで網戸をふく
  3. 使い終わったシートを捨てる
  4. クイックルワイパーをしまう

以上。

まじか!!!
こんなんできれいにできるなら、今までの苦労はいったい…!!

というわけでやってみました

うちはベランダ側に網戸が大小3枚、玄関に小さい網戸が1枚あります。
記事の通り、クイックルワイパーに立体吸着ウェットシートを付けて、室内側からスタート。
柄が長いので、上のほうも楽々届きます。

あまりぐいぐい押すと網戸が外れそうなので、あまり力を入れずに、でも端までしっかり。

拭いたシート側を見てビビります。
すっごい真っ黒。
つまり汚れがおちているということ。

非常にお見苦しいですが…これが網戸の汚れです…!!

非常にお見苦しいですが…これが網戸の汚れです…!!


内側でこれって…と思いながら、今度は外側にいきます。
ここで窓を閉めるのを忘れずに。
砂埃が部屋に入ってしまいます。

外も拭きますが、内側以上にまっくろです。

そりゃ、いつもの水洗いでも相当汚いなーと思うレベルなので、当たり前ですが…。
それがこんな手軽に取れるのか。
便利すぎる!!!

そして仕上がりも、上々!
思った以上にキレイに白くなり、部屋が明るくなりました。
もちろん全面水洗いにはかないませんが、十分なきれいさです。

すごいぞ、クイックルワイパー!!
いつもの苦労は何だったんだ!?

網戸掃除が10分くらいで終わってしまった

とりあえずベランダ側3枚を終わらせるまでにかかった時間は、10分程度(網戸のみの掃除時間です)。
いつものやり方だったら「ほんの序盤」の時間。
準備や表裏の行き来などで、さすがに1枚1分というわけにはいきませんでしたが、十分、掃除の時短達成です。

窓ふき掃除はこれからですが、網戸がきれいじゃないと、せっかく窓を拭いてもすぐ汚れてしまうので、実はこっちのほうが重要な気がしています。

デメリット

あまりに網戸が汚い場合、シートを通して汚れが染みてしまってクイックルワイパー本体が汚くなってしまう、ということがありました。
まあ、常にシートを付けて使用するので、本体が汚れてても大きな問題にはなりませんが、何しろ砂埃で真っ黒になってしまいます。
それともこんなに黒くなるの、うちだけなの!?
(まわりに、それほど土がある地域じゃないのになあ)

ていうか、汚れがひどい場合には、スポンジを使え、と書いてありますね。
無謀なことはやめましょう……。

唯一? の注意点

「横着して、柄が長いままやらない」
つい面倒なので、柄が長い状態のまま網戸掃除していたのですが、網戸の下のほうを掃除するとき、後ろの家具や床にがんがん柄が当たってしまいました。
ちゃんと書いてある通りに、短くセットしなおしてやりましょう……。(←自分が横着した)

そんな若干のデメリットや注意点もありますが、
こんなに網戸掃除が簡単なら、もう少しマメにやってもいい。
マジで、このクイックルワイパー方式の網戸掃除は、おすすめです!!

大掃除では、やたらたくさん使うので、なくならないように大容量が吉。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ