キズパワーパッドで傷は治り、そしてよけいな厄介が増えた

こんにちは、つたちこです。

先日、もう2週間くらい前の話ですが、久しぶりに包丁で指をザクりと切りました。
左手の小指の上のほう。
忘れもしない、キャベツを切っていた時です。

なんかどこかで油断というか気が緩んでいたんだと思います。

あれ不思議なもので、切る瞬間に自分で「あ、やるな」と気が付くんですよね。
でも手がもう止められないで刺さるのをそのまま見てる。

で、思った次の瞬間に、包丁のお尻の角が小指にぐさっと刺さっていて。
大人ですけど、泣きそうになるくらい痛かったです。うわーん。

しばらく水で流してから、ティッシュでくるみますが、なかなか血が止まらない。
オットが「病院いくべきでは」というのを「そこまで大げさじゃない、前にもこういうのやったことあるからたぶん大丈夫」と押しとどめました。

「じゃあ、キズパワーパッドなら早く治るんじゃない?」
とオットがいうので、「そうかもしれない」と巻きにくい指の先端に無理やりキズパワーパッドを密着させてみました。

キズパワーパッド。
ご存知の方も多いと思いますが、キズを乾かさずにキズから出る湿潤液を使って早く治すタイプの、新型バンドエイドみたいなやつです。

<スポンサーリンク>

ただし今回の場合、スパっと切れた切り傷で、湿潤液というより、血そのものがパッドに吸われる感じになりました。

当日、翌日あたりは「うっかり使うとキズが開く」みたいなこともあり、キズパワーパッドは今まで見たことないようなえぐいドドメ色をしていましたが、何度か取り替えてるうちにだいぶ痛みも落ち着いてきました。
傷が開くのが怖くて、2、3日はジョギングにも行けませんでした。もー。

キズパワーパッド
無くなってしまったのでオットに追加で買ってきてもらった。高い。

さて、傷発生から1週間を過ぎて、そろそろよかろう、とキズパワーパッドを外したのですが。
なんだか小指の様子が変です。

キズ本体はかなりいい感じに治っているのです。
ですが、その下、キズのなかった部分でキズパワーパッドにしばらく覆われていたところ、ちょうど小指の指の腹に当たる部分が、なんだか妙にふやけていて白くなっています。

乾燥したら治るかな、と、しばらく外して様子を見ると、白くふやけた皮が赤紫色に硬くなっていきました。
なんじゃこりゃ。

これは……。
おそらく、キズパワーパッドに覆われた「通常部分」がずっとふやけた状態に置かれていたために、ふやけたまま皮が死んでしまった、みたいな状態ではなかろうか。

その後、そのままにしておくのもなんなので、普通のばんそうこうを貼っておいたのですが、切りキズ本体はどんどん良くなっている感じなのに、皮は硬くひきつったままパリパリになってしまいました。

違和感はあるものの、痛くもないので放置しています。
そのうち下の新しい皮がしっかりできたころに、上の皮がはがれる(あるいは破れる)とみた。

<スポンサーリンク>

キズパワーパッドは水も通さないし、キズが落ち着くまではすごく有能だと思うのですが、思わぬ副作用(?)になってしまいました。
みんなはならないんだろうか。
私の使い方が悪いのかなー。

今回使ったのはこのタイプ。指用っていうやつです。

追記の後日談

その後、小指の硬くなった皮は、ある日風呂に入った拍子にふやけて破れてしまいました。
中の新しい皮はまだできたてのほやほや。

これで治ったかな、と思って適当に過ごしていたら、新しい皮が割れてキズになるという悪循環に入ってしまいました。
ナウシカで言うと、「腐ってやがる。早すぎたんだ」的な。

その後、そのやわな新しい皮を保護しつつ過ごし、ようやく今は完治しました。(10月中旬)
小指の第一関節の皮は全部めくれて新しいのに入れ替わった感じです。
全治1か月になってしまいました。

包丁傷のはずが、指全体の大ごとになってしまいました。
キズパワーパッド利用も善し悪しですね……。

※以前擦り傷に使用したときは、今回のような周りの悪化はなかったので、傷の種類によるのかもしれません。
※体質にもよるかもしれません。私は割と傷が治りにくい体質です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。