【夏休み】洗面所・風呂場大掃除で汗だく満足

IMG_5326今年、わが社では初(たぶん)の試み、丸1週間夏休みが決行されました。
(通常は土日にくっつけて2日くらい)
まあ、いろいろ理由はあるけど、深くは語らず。

とはいえ、オットさんの休みは水曜から3日間。
一人夏休みです。
旅行などの遠出の予定もありません。
友達とも約束し損ねました。

その場合、私にありがちなのが「気が付いたら3日間経ってた(なんもしてない)」とか。
基本だらけ大好きなので、本を読んだりしているうちに、夕方になってた。とかあるある。

なので、今年の夏休みの目標は「『なんもしなかった』をしない」です。(地味な目標だなあ…。)

月曜はオットさんを送り出してから、昼まではのんびりしましたが、午後は心機一転、普段できないところの大掃除をするぜ!というわけで、洗面所の台の下、および、風呂場の水垢取りを決行。

洗面台大整理作戦

だいぶ前から気になっていたのです。
ごちゃっとしてるよね…。
ストックがあるのかどうかわからない。あると思ったらなかった。ないと思ったらダブってた。あるある。。

いったん全部外に出して、まずは要不要の選別。
だいぶ前から使っていない整髪料、使ってないグッズ(ブラシとか)、何者だかわからないふた、前の家で使っていた古い殺虫剤、100均で買った洗濯機洗浄剤(効かない)。などなど。

スプレー類は全部袋に吐き出して廃棄。
使ってないものも全部廃棄。

で、ストックと現在使用中のものを引き出しに分けて整理。
一番よく使う洗濯洗剤系は前に出して使いやすく。

オットさんは「棚が欲しい」と言っておりましたが、棚なしでもいったん整理はできたのではないかと自画自賛。

左からストックの引き出し、真ん中はよく使うもの、右が使用中の洗剤類など。

左からストックの引き出し、真ん中はよく使うもの、右が使用中の洗剤類など。

お風呂の水垢とり大作戦

<スポンサーリンク>

これはねー。写真取れなかったですね。気分悪くなる。笑。

普段の風呂掃除といえば、ざっと湯船をなでる程度。
さらに夏場、走った後にはシャワーで済ませることも多いので、そもそも湯船もあまり使わないのでさぼりがち。
こっちもずっと気になってたので、主に排水溝と、備え付けの棚を全部外して、とにかくカビキラー先生に漬け込む漬け込む。
そのあとさらにブラシでこすりまくり。
それでも取れなければさらにカビキラー先生。と2重3重の攻撃。
そのあと古歯ブラシで細かいところまで磨きまくり。
歯ブラシ、便利だ…。

ついでに鏡と蛇口も曇りがちだったので、ダイヤモンド加工の磨きスポンジでこすってぴっかぴかにしてやったよ!

これほんっとにおすすめです。そんなに力入れずに鏡ぴかぴかになります。蛇口も軽くこする程度なら傷つかずきれいにできました。(蛇口は自己責任で!)

【自分的なコツ】時差攻撃を有効活用&あえて汗だくでやりきった感を演出

カビキラーにしてもパイプマン的なものにしてもマジックリン的なものにしても、しばらく置いておくとよく落ちます。
なので、お風呂場で薬品使ってるときは洗面所をやる、洗面所で薬品使ってるときはお風呂場をやる、と交互にすると時間に無駄がでなくていい感じ。

それから、あえてエアコンをつけずに掃除することで、汗だっくだくになったけど、その汗だくで「自分、仕事やってます!」という感じを出すと、達成感がハンパないです。
あと、お風呂場で水を足にかけながら掃除するのは、ちょっとだけ水遊び的な要素もなくはない…。(前向きにね!)

終わった後の爽快感!最高やで

やった後のぴかぴかの風呂場&きちんとした洗面所棚を見るだけでも満足度は高いですけど、自分がのれるようなエンタメを少しでも追加するとちょっと楽しくなる気がします。
(私の場合、全身汗だく=一種の非日常=エンタメ)
万人受けしないかもですが、おすすめしときます。笑


カビキラーだけは水回り掃除には絶対に外せない!常に詰め替えストック持ってます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ