【ジョギング】Bluetoothイヤホンを新調。カナルタイプはパットサイズが命…!

IMG_5180
ここのところ、以前書いたBMPアプリを利用してジョギングのリズムを一定にする練習を続けています。
175BPMをメインに、ちょっと頑張るぞ、というときは180BPMで走るのがよくあるパターン。
そろそろ185BPMも試してみようかなーという感じです。

となると必需品がイヤホン。
今まで使っていたのは、こちらのスポーツイヤホン・イヤーフック RS Earphone #02 White / RSEP02W
調べたら2012年8月に買ってたので、ちょうど3年使っています。

耳にかけたときの違和感が少なく、走っていても外れることがほとんどないです。
音はそこそこですが、それほど自分の耳に自信があるわけでもなく、前にも書きましたが、あくまで走るときにリズムをとるためのものなので、あまり気にしてませんでした。
あと、周りの音もちゃんと聞こえるので(自分の走る足音くらいまで聞こえます)そこも安心のポイント。
なので、結構満足して使っていました。

一点、気になっているのが、有線タイプということ。
私は去年から、iPhoneをFlipBelt(フリップベルト) スポーツウエストポーチに入れて走ってるのですが、出し入れするときに、どうしてもケーブルがかさばります。

先日、goryugoさんのブログを拝見し、Bluetoothのイヤホンを買ってみることにしました。
Bluetoothって値段高いイメージがあったんですが、2000円代なら試してみようかな、と。
Amazonのレビューも割と高評価でした。
Aukey bluetooth スポーツイヤホン ヘッドセット 耳掛け式 防汗防滴 マイク搭載 EP-B11

初めてのBluetoothのイヤホンをチェック!

さっそく届いたのでわくわくしながら開封。

外箱はこんなかんじ。

外箱はこんなかんじ。


開けたらこんな感じ。付属品はイヤーパットと短い充電ケーブル。

開けたらこんな感じ。付属品はイヤーパットと短い充電ケーブル。

マニュアルは最後の方に日本語版もあり、それを見ながら接続は問題なくできました。

家で耳にかけてみた感じ、フィット感も悪くないです。
ただ、少しキツイ気がしたので、イヤーパッドをSサイズに変えてみました。(もともとついてるのはMサイズ)
なんかスムーズになりました。

リモコンは耳にかけたまま操作できて、上が音量大とスキップ、真ん中がイヤホン本体スイッチ、下が音量小とリピートです。
※他にも機能がありますが、私の使う機能のみ書いてます。

本体スイッチを入れると、「Power on」と女性の音声で教えてくれます。
切るときは、同じボタンで「Power off」。
光での告知もあるんですが、装着していると当たり前ですが見えないので音量で教えてくれるのはいいですね。

外箱のざっくり説明で概要がわかります。

外箱のざっくり説明で概要がわかります。

バッテリー持ちは約4~5時間とのこと。(待機時間は180時間)
フルマラソンでも使用することを考えると、私のスピードだと5時間はかかる想定なので、ギリギリか、途中で切れちゃうかも。
うーん。微妙。

あ、4時間で走ればいいのか!

……いやいやいやいや。

最後の一番辛いときに、音がないのはきついなあ。
いつも音に励まされて走っているので。

途中(前半)、安定期にはしばらく止めて、後半の辛いところで再開とか?
うーん。
使い方は考える必要ありかも。

早速装着して試走します!が…

ともあれ、いざ試走!
いつものようにiPhoneでアプリをセットして……。
あれ、音がiPhoneからそのまま出てる?

慣れてない自分が悪いんですが、今までの癖で、イヤホン側の電源を入れるのを忘れてました…。

改めてイヤホンのパワーオン。
よし、ちゃんと聞こえる!

……ふたたび、あれ? 全然低音がきこえません。
まるで深夜のタクシーに乗ってるときに、小さく流れるラジオのよう。
あまりの音に笑っちゃうくらい、低音が聞こえません。

とりあえず走り出しますが、これはなんというか、いくらリズムに割り切るとはいえ、ちょっと辛いものが……。

それ以外の点は全く問題ないです。

リモコンの操作ボタンがシンプルでわかりやすい

走りながら音量の増減や曲のスキップがスムーズなのはとてもいい。
今までiPhone本体で操作するしかなかったので、この曲は今はちょっと違うなーとか思ってもそのまま聞き流してました。
これならパパッと次の曲に切り替えられます。

装着感もわるくない

いつも通り走ってても、ずれたり取れたりすることもありませんでした。
ちょっと懸念していた、ケーブルについてるリモコンの揺れも気になるレベルではありませんでした。
(走るときには、少し短めにしてできるだけ揺れは抑えるようにしましたが)

あとは低音問題。
これなんとかならないのかなー。

もう一度Amazonのレビュー見直してみた。

こんなに音質悪くてみんな平気なわけがない!とAmazonのレビューを見直してみました。
「低音はあまり出ないが問題ないレベル」というコメントもありますが、私が感じたような「AMラジオのような音」というコメントもありました。

人によってばらつきがある?

「装着の仕方で音が変わる」というコメントもあったので、家でもう一度聞きなおしてみました。

昨夜走った状態のまま装着して聞くと、やはり低音は全然きこえません。
そのままイヤホンの向きを少し調整したりしますが、あまり大きくは変わりません。

ところが、試しに耳にイヤホンを押し付けてみたところ……

低音が、ちゃんときこえる!!!

このレベルなら別に問題ない、と思う音が聞こえます。

ただ手を離すと元の音になってしまいます。
単に音が伝わってないだけか!!

そういえば、パットサイズ変えてた…

気がつきました。
昨日、走る前に、イヤーパットのサイズをSサイズに変えていました。
確かにその方が耳には楽だったのですが、ゆるゆるになってしまったのでは?

取っておいたMとLサイズのパットを持ってきて、Mに戻して聞いてみます。

……。
まだ低音は聞こえてきません。
でも押し付けると聞こえるのは変わりません。

そこで更にLサイズに変更。
耳にはめると、ちょっときつくて圧迫感があるんですが……。

聞いてみると、ちゃんと低音が聞こえます!
やっぱり!!
更に、装着したまま角度を調整すると、もっといい感じになりました。

これなら前のイヤホンと変わらないレベル。
そういうことか!!

イヤホン大好きなみなさんには常識なのかもですが、私、パットサイズでここまで音質が変わるとは知りませんでした。

うっかり低評価のままお蔵入りにするところでした…。

気になるのは装着感

音質に関して誤解がとけたのですが、問題は装着感。
マラソンでは長時間しっぱなしになるので、結構重要な問題です。
音をよくするのに密着させるため、耳栓をしながら走るような状態になりそうです。
耳が痛くなりそう……。

まだこれで長い時間走ったことがないので、慣れる可能性ももちろんありますが、今までのイヤホンの手軽さも捨てがたい。

しばらくは試しながら走ってみて、どちらを使うかは様子見ですね。

今後どうなるか、経過観察中……。

これはこれで軽い使い心地がいいんだよなあ。これのBluetoothタイプでないかなあ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ