柿ジャム、作りました

こんにちは、つたちこです。
スーパーで見切り品の柿を買いました。
ちょっと熟しすぎかなあ? という感じの見た目で、6個250円くらい。
普通だと1個100円程度なので、半値以下です。

普通に食べられるのもありそうだったので、買って帰りました。

写真:完熟の柿です
結構ぎりぎりの線。

とはいえ、6個を急いで食べるのは大変。すでに柔らかすぎる感触のもあります。
これは加工してみるべき……と、完熟柿を使って柿ジャムを作りました。

参考にしたレシピはこちら。

参考:
★簡単!美味しい柿ジャム★ by あやのんのママ 【クックパッド】

熟柿の救済~柿ジャム レシピ・作り方 by アルプスの乙女|楽天レシピ

どちらも、柿・砂糖・レモン汁の3つの材料でOKでした。
砂糖の比率が違うのですが、保存を利かすなら多め、柿を活かすなら少な目ってところでしょうか。

もう一つ気になるレシピ。

<スポンサーリンク>

参考:甘柿ジャム レシピ 大原 千鶴さん|【みんなのきょうの料理】

大原先生レシピの場合、柿と砂糖のほか、りんごジュースと柚子のしぼり汁と、ちょっと変化球。
リンゴジュースがポイントらしい。酸味が柚子っていうのも気になる。
レンジで作るのも手軽でいいなー。

今回は家にあるもの、柿・砂糖・レモン汁で作ることにしました。

今回の材料

  • 柿 3個(皮を剥いたら420gくらい)
  • 砂糖 60g(柿の量の約14%)
  • レモン汁 大匙1くらい

柿は皮をむいてザクザクに切って計量しました。
熟したところから果汁がすごかったので、それもボウルに一緒にいれておきます。

砂糖は、柿がかなり甘かったので、減らしました。

作ります

材料全部を鍋に入れたら中火で火を入れます。
その間に、保存瓶(ジャムの空き瓶)を洗って、4分ほどレンチンして簡易的な煮沸消毒もどきをしておきます。

写真:柿を刻んで砂糖・レモン汁と一緒に鍋に入れます
火を入れる前から汁気がすごい

途中、灰汁っぽい泡がたくさん出てきたので、すくって捨てました。
イチゴジャムのは灰汁じゃないと聞きますが、柿はどうなんだろう。

写真:柿ジャムを煮込む。灰汁が出てきました
これ、灰汁だよね?と思いながらすくって捨てる

10分ほどぐつぐつ煮込むと、かなり煮詰まってきました。
煮込み時間少ないけど、元が柔らかいからですかね。
ジャムテストなどはしなかったですが、これで完成。
熱いうちに瓶に詰めて、完成です。
小ぶりの瓶2つ分になりました。

柿ジャム、できました

あっという間にできてしまった。

写真:柿ジャム完成
瓶2つ分みっちり、だったんですが、撮影前に食べてしまった…
写真:柿ジャム
ちょっと白っぽい

翌日の朝ごはんに食べてみました。

写真:柿ジャム とトースト
トーストにのせてみました

<スポンサーリンク>

とろみ具合はちょうどいい感じです。
オレンジ色もきれい。
ゼリー部分と果肉部分のバランスも悪くない。

食べてみると、おいしい。
おいしいんだけど、なんといったらいいか、「これ、柿……?」って感じでした。

「柿感」がないのです。
酸味はほとんど感じなくて、甘くてとろっとしたジャム。
黙って食べたらなんの果物かわからないかも。
マンゴージャムっぽい。

柿は、何をもって柿っぽさを醸し出しているのか。
香りかなあ?
火を入れたことで、柿の若干青臭いような香りはなくなってました。

あと、酸味がもう少し強くてもいいなあ。
柿ジャムに少量のレモン汁を直接かけて食べてみたのですが、さわやかさが追加されておいしかったです。
煮詰める最終段階でレモン汁を追加したらよかったかもしれません。

大原先生レシピの「りんごジュース追加」は、そのさわやかさを補う効果が高いのかもですね。
次に作るならりんごジュースと柚子を用意してみよう。

なんだかんだ書いてますが、柿ジャム、簡単でおいしかったです。
甘さ控えめなのもあって、たっぷりのせて食べてしまった。

砂糖が少ないので、1瓶は冷凍庫に保存。もうひと瓶も早めに食べようと思います。あっという間になくなりそうです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。