【自炊】かんたんにできる「鶏チリ」で自宅中華

こんにちは、つたちこです。
先日試した食材サブスク「ハローフレッシュ」のおかげで、自炊で新しい味を楽しみたいモードになりました。
が、色々あってそんなに丁寧に手をかけていられません。
簡単にできてあんまり自分で作らない味が食べたい!

というわけで、「鶏のチリソース」を作りました。
レシピはこちらを参考にしました。

参考:鶏むね肉がぷるぷるにやわらかい!鶏のチリソースの節約レシピ。鶏チリの作り方。 | つくりおき食堂

鶏むね肉は、どうしてもぱさつきがち。
まるごとゆで鶏にしてしっとり食べるのが我が家の鉄板なのですが、繊維を断つようにそぎ切り&「ブライン液」に漬けるのがどうなるか楽しみです。

<スポンサーリンク>

作るのはそんなに難しくありません。
鶏肉をきると洗うのが面倒なので、先に野菜類を全部切ってから、鶏肉を指示通りにきりました。
そして作っておいたブライン液に漬けて15分ほど。
その間にケチャップなどを混ぜてチリソースの準備や、他の献立の用意をしておきます。

肉の水気を切って、片栗粉をまぶしたらフライパンで焼きます。
厚みがそんなにないので、焼き時間も短くて楽です。

長ネギと混ぜたソースを入れて、煮絡めたら完成。

写真:鶏チリできました
鶏チリできました

おお、エビチリ感! 鶏だけど!

これが食べてみると、本当にエビチリと同じ味でした!
結構かんたんに再現できるのですね。
鶏肉は、周りの片栗粉効果もあると思うんですが、やわらかく火が入ってて全然パサつかない。
あっさりした鶏肉に甘みのあるチリソースが絡んで、とてもおいしいです。

ネギの量も「多すぎ?」と思いましたが、全然そんなことなく、ちょうどよかった。
ちゃんとレシピ通りにやるべき。

<スポンサーリンク>

この日、もう一つ新ネタを試しました。こちらは切って焼くだけ。

参考:はんぺんのしらすチーズ焼き レシピ 大原 千鶴さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

大原千鶴先生のレシピは、だいたいおいしい。
「さすがにこれは簡単すぎでは? 味付けもなし?」と思ったのですが、はんぺんとチーズとしらすの絶妙コンビでとてもおいしかったです。
はんぺんの淡泊な味わいをチーズとしらすで増幅させてる感じ。
よく考えたら魚(はんぺん)&魚(しらす)だった。

写真:はんぺんのしらすチーズ焼き
ホイルで焼いて汚れ物減らす作戦。トースターがないので魚焼きグリルで焼きました

簡単なのにおいしい、最高だ。
ネギも、彩り役かと思いきや、しっかり風味が効いていたのでのせたほうがいいと思います(私は小葱じゃなくて長ネギの青い部分にしちゃいましたが)。

どちらもおいしかったです。
このくらいのチャレンジなら、もうちょいマメにやるべきだな。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。