再びの「ターサーエッジ2」をネットで購入。今シーズンも派手カラーで走ります

こんにちは、つたちこです。
新しいランニングシューズを買いました。
今履いているシューズのソールが、すり減りすぎて穴が開いてしまいました……。限界が近い。
まだ1年経ってないのに!

今回買ったのは、前回と同じASICS「ターサーエッジ2」です。
同じ型なら試着いらないし! とネットで探して購入しました。
昨年「3」も出ているし、秋にはたぶんニューモデルが出るのでは、というターサーエッジ。
2はもう在庫限りといった感じで、選ぶ余地がほとんどありませんでした。

写真:ASICS ターサーエッジ2 RETRO TOKYOモデル

<スポンサーリンク>

派手。
これは「RETRO TOKYOモデル」。
1964年東京をイメージしたデザインらしいです。発売は2020年らしいのである意味オリンピック関連商品ですね。
つまり、前回と今回のシューズは、期せずして2020オリンピックと1964オリンピック(イメージですが)になりました。

写真:ASICS ターサーエッジ2 RETRO TOKYOモデル
同じ型のシューズでもカラーで全然印象が違うの面白い
写真:ASICS ターサーエッジ2 RETRO TOKYOモデル
ソール形状も今までと同じです

いやでも、予想してたよりよかった。履くと入り口の青のボリュームが減って赤の比重が多くなります。
こういう派手なのは履くとカッコよいです。(スポーツシューズじゃないと履けないな)

そして、商品写真で見た時には「ウルトラマンぽいな」と思いましたが、到着して現物を見た時に思ったのは「このカラーリング、ミャクミャク様だ……!」でした。

<スポンサーリンク>

ミャクミャク様、結構好き。

ちょっとにぶい感じの青、鮮やかな赤、白。
1964レトロなのに、一周回って最新のキャラクターだったという。

というわけで、今シーズンは、ミャクミャクカラーのターサーエッジ2とともに頑張ります。
2020モデルのターサーエッジ2も、約10か月お疲れ様!!

写真:現ターサーエッジ2のシューズ
2020モデルのターサーエッジ2。約10か月、お疲れさまでした(穴あいた)

そのうち厚底を履いてみたい、といってそのまま約1年たちます。
どうしようかなあ……。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。