【自炊】春雨のポテンシャルの高さに今更気づく「ひき肉と白菜のオイスターうま煮」

こんにちは、つたちこです。
ここ1か月ほどバタバタしていて、料理は手癖で作れるものや鍋物ばかり食べてました(正月以外)。
うーん、飽きてきました。

身体が落ち着いたのもあって、ひさびさにちゃんとレシピ見て作ってみました。
今回作ったのは「ひき肉と白菜のオイスターうま煮」
信頼の「きょうの料理」レシピです。

参考:ひき肉と白菜のオイスターうま煮 レシピ 市瀬 悦子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

材料はそれほど難しくなく、調理方法も割とシンプルです。
「途中で取り出す」とかがないのがいいです。

このレシピおいしそうだな、と思って買い物に行ったのですが、私、春雨を買ったのは初めてかもしれない。
外で食べたものに入ってる、とか、出来合いの春雨サラダを買う、とかはあるんですけど、自分自身が春雨を調理した覚えがありません……。

<スポンサーリンク>

大量にしか売ってなかったりして? そしたら残りどうしよう? などと心配しながら行ったのですが、無事少量&小分けされたものが売ってました。
しかも、短め(9cm)にカット済み。便利。

詳細は先ほどのレシピページに詳しいのですが、ニンニクとひき肉を炒めて、水と調味料を入れたら具材を全部いれて、蓋をして煮込めばOK。

15分ほど蒸し煮してふたを開けたら、水気がほとんどありませんでした。
あれ、見本写真では結構つゆだくな感じでしたが。
春雨が全部すいこんでしまったかのような色合い。

それでも多少は汁気が残ってたので、水溶き片栗粉でとろみをつけて、最終完成です。

できました。

写真:ひき肉と白菜のオイスターうま煮
ちょっと写真がぼけてしまいましたが。「ひき肉と白菜のオイスターうま煮」です

<スポンサーリンク>

とろりとした白菜としっかり旨味を吸い込んだ春雨を一緒に食べるととてもおいしい。
味は、もっと濃い味を予想してましたが実際はそれほどでもなく、野菜をしっかり食べられるけどのどが乾かない、くらいの味わいです。
春雨の食感というか、のどごしというか、あんまりメインで食べた経験が少ないからか、新鮮です。

1本唐辛子を入れましたが、ほんのり遠くに辛さが感じられるくらいな感じ。
辛いの好きな場合は、ラー油とか追加でもよいかも。

材料は複雑じゃないけど、普段使わない材料ということもあって、自分の手癖で作る料理とはやっぱり一味違ってて、とてもいい。
おいしいです。

オットは「これはごはんだ」といって、急遽冷凍ごはんを取り出してました。
(我が家は夕食には基本的に白米が出ません)

私はごはんはなくても、春雨のボリューム感で結構おなか一杯になりました。
春雨って、材料はなんだっけ? と調べたら、でんぷんを麺状にしたものなのですね。
なんだ、十分主食的ではないですか。

春雨、まだ残ってるので、この機会に春雨料理をほかにも作ってみよう。
べただけど、春雨サラダでも作ろうかな。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。