【自炊】ピーナッツバターで担々麺。もっと活かせる方法を模索したい

こんにちは、つたちこです。
長らく朝食の友だった自家製マーマレードがとうとうなくなってしまいました。
トーストに甘いもののせたい……。

スーパーで物色し、「絶対自力で作らなそうなもの」という観点で、ピーナッツバターを選択。
ピーナッツバター食べるの、何年ぶり?

写真:明治屋 ピーナッツバタークリーミー

久しぶりに買うから、明治屋のちゃんとしたっぽいのを買ってみました。
すごく濃厚なピーナッツでした。
そして、甘さはとても控えめ。というか、あまり甘くない。
甘さが物足りなくて、トーストはピーナッツバターと一緒にはちみつをかけて食べることになってしまった。

<スポンサーリンク>

おいしくないわけじゃないけど、トーストのお供というより、食材「ピーナッツペースト」と考えたほうがよいのかもしれない……と考えて、ネットを探ってみる。
おお。甘くないピーナッツバターを使ったレシピ、結構あります。

かんたんにできそうな、袋めんで担々麺を作ってみました。
ねりごまの代わりに、ピーナッツバターを入れるとよいようです。

ベースはマルちゃん正麺味噌味を使います。
ひき肉をニンニク・ショウガと炒めて、豆板醤、塩コショウ、しょうゆとみりんで味付け、付属スープと水・豆乳で煮込み、仕上げにピーナッツバターをたっぷり溶かし込みます。

青梗菜は洗って4つ割りに切って、ラップしてレンジで1分。

<スポンサーリンク>

麺は別にゆでて、湯切り。
麺、スープとひき肉、青梗菜をのせて、仕上げにラー油垂らして完成です。

写真:ピーナッツバター担々麺

それっぽくできましたが、皿のセレクトを間違えました。
スープがこぼれそう……。
あと、盛り付けが残念です。青梗菜がすっかり埋まってしまいました。最後にのせるべきだった。

味は、というと、割とあっさりめの担々麺風のラーメン、といったところ。
付属スープの味噌味の主張が濃くて、ピーナッツバターの風味はうっすらになってしまいました。
以前、練りごまで作ったときのほうが、ごまごましていた気がします。
結構たっぷり入れたのにな……。もっとたっぷり必要なのか、入れるタイミングとかが悪かったのか。

ただ、豆乳とピーナッツ風味ののスープがまろやかでとてもおいしくて、全部飲む勢いでした。
もっとラー油を入れてもよかったな。

ごちそうさまでした。
適当に作った割にはよいのでは、と思いましたが、肝心のピーナッツバターをもっと活かせる方法を考えたいところ。
探すといろいろ活用レシピがあるので、また別のにもチャレンジしてみます。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。