歯医者日記:親知らず抜歯ムードの盛り上がり、再び

こんにちは、つたちこです。
1か月ぶりの歯医者です。
前回、左右の歯の側面に磨き残しがありがち、といわれ、特に気をつけて磨いてきました。
このひと月の私の磨きっぷりが審査されるといっても過言ではない。

いざ、1か月の私の努力を、ご確認をおねがいします!!
みたいな気持ちで診察台に寝っ転がります。

口の中を覗いた歯科衛生士さんが小さな声でつぶやく「あ、いいですね」というコメントが聞こえる。
よし!! と心の中でガッツポーズをしつつ、全部チェックし終わるのを待ちます。

結果は、前回の指摘部分を含めた全体については、ほぼOK。
しかし、右上の親知らず周辺に磨き残しあり、とのことでした。

うう、パーフェクト賞はもらえなかった。
というのはうそです。
自分自身でも、毎日毎食後の歯磨きで、一番磨きにくいな、と痛感していたのが右上親知らずでした。

写真:歯磨きイメージ

<スポンサーリンク>

私の歯並びの場合、右上の親知らずの前に生えている奥歯は、親知らずより少し外側に出ています。
なので、親知らずが引っ込んでいる分、余計磨きにくさがある、と説明をされました。
鏡を見ながら説明を受けると、なるほど確かにな、と思えます。
その場所、歯間ブラシも入れにくいのよね……。

当然「親知らず抜いたほうがいいのでは」問題がまた出てきます。
優しく穏やかな口調ではありますが、
「ここが磨き残しがあると、やっぱり虫歯になりやすいんですよね」
「親知らずが虫歯になると、その前の奥歯も一緒に虫歯になることが多いんです」
「しっかり磨けているときは大丈夫なんですけど、自分に手間がかけられなくなった時とかに、一気に悪くなったりするんですよ」
とのこと。

歯科衛生士さんご自身が、ご出産経験のときに奥歯が虫歯になったそうです。
たしかに出産&育児で赤ちゃんにかかりきりで自分自身のことがおろそかになったら、丁寧な時間をかけた歯磨きなんてやってられなくなりそうです。

私も今後、例えば自分自身の病気や衰え、あるいは家族の介護とか、そういう「自分自身に丁寧に手をかけてられなくなる」不測の事態はいくらでもありそうです。老後の心配ごとの始まりだ。

確かになー!!
説得力がある。
健康な歯をなるべく抜きたくない、と思い続けてきましたが、今は良くても、将来は? と言われると「たしかにいつそうなるかわからんな……」となります。
アンジェリーナ・ジョリーが、乳がんになる確率が高いから、予防的に両乳房切除手術をしていましたよね。
比べるな、というレベルではありますが、将来の不安をなくすために、健康な体にメスを入れる選択もあるのだ。

しかも、今現在、この親知らずのせいで、毎日毎回の歯磨きにかかる手間が着実に多い、というのも自分的に結構問題です。
親知らず上下2本なかったら、楽だよなあ。
物理的に磨く数も減るし、一番やりにくいところがなくなるわけですし。

というわけで、再び「親知らず抜歯」モードが盛り上がりつつあります。
とはいえ、いろいろ考えます。

<スポンサーリンク>

抜くにしても、暑い時期は「暑い+痛い」はいやだなあ、とか。
ワクチン打てるようになったら打ちたいけど「副反応+痛い」も困るなあ、とか。

今考えているのは、ワクチン予約ができるめどがついた段階で、抜歯計画をするつもりです。
秋以降かなあ。

次回の歯医者が約1か月後(またもや磨けてるかチェック付き)なので、それまでにおよその予定がたってるといいなあ。


ヘッドが小さい歯ブラシを愛用中。これで親知らず以外はOKもらえました。

この歯磨きジェルは殺菌作用もあるので、歯磨き後に歯間ブラシで歯間に塗るという方法もいいらしいです。

親知らず周辺やへこんだ磨きにくいところはこれで。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。