歯医者日記:「ほめられ」でモチベーションアップ。大人だってほめてほしい

こんにちは、つたちこです。
前回の歯科クリニックでのチェックから2週間。経過観察デーです。

磨き方のダメ出しをうけた前回
それ以降約2週間、歯ブラシをヘッドが小さいものに変えて、毎食後の歯磨き、寝る前のフロス&ワンタフトブラシを徹底しました。

今回もダメ出しされたら、今度こそどうしたらよいのやら……。
と思いながら歯医者に向かいます。
一応、自分でチェックする限り、歯石のつき方は前よりましだと思う。

いざ、椅子に座って大口を開けて、いつもの歯科衛生士さんにみてもらいます。

「フロスのやりかた、気を付けてみました?」
と聞かれたので、
「フロスの左右の壁こすりつけ作戦をしたつもりだし、歯ブラシも小さいのに変えてみました」
と報告。

しばし口の中を診る歯科衛生士さん。

<スポンサーリンク>

「はい、ちゃんと磨けてますねー」

よっしゃーーー!!
と心の中でガッツポーズ。

それでも歯茎チェック時に出血する部分がありました。
その部分を集中的に再度歯石取り。
どんだけ歯石がついているんだ、私の歯茎よ。
ちゃんと磨いているつもりなのに……。

出血していたところ、具体的な場所の指摘を受けて、「自宅での歯磨き時に、特に気を付けて磨いてくださいね」と注意事項をもらいました。了解です。

でもそれ以外は
「きれいに磨けていると思うし、歯石のつき方も前回より少なかったので、今のやり方がきっとあってますね」
「歯ブラシも変えたっていうのも、よかったのかもですね」
「以前より歯茎の腫れぼったさもなくなって、全体に状態がよくなってます!」

と言われました。

やったー!
歯ブラシ変更作戦が、うまくいったようです。

次は1か月後の再チェックになりました。
1か月か……と思ったのが顔に出てしまったのか、
「次のチェックで歯石や歯茎の状態を見て大丈夫そうなら、また2、3か月に1度のペースに戻しましょう」
とのことでした。
つまり、私の歯磨きスキルに信頼性が足りてない。仕方ない。

まめに歯医者に通うのは面倒だ。
でもこういう「歯茎の内側の歯石取り」とか、自分では絶対できないことをしてもらえて、すっきり&安心できるのであれば通う甲斐があるものです。

<スポンサーリンク>

しかし、いい大人になっても「ほめられ」はモチベーションになるなあ、としみじみ思います。
歯磨きの目的は口腔内を健康にたもつことです。
歯科衛生士さんからの「ほめられ」は、自分の歯磨き努力をきちんと評価、承認してもらえたということ。
努力への承認欲求も満たされ、結果、健康にもなるのであった。

次の1か月後に、またほめてもらうために、歯磨き、頑張ります。

Photo by Diana Polekhina on Unsplash


歯磨きは道具選びが重要、と身に沁みました。
歯科医専売品は、やっぱり使いやすいものが多いです。

ヘッドが小さくて磨きやすい歯ブラシ。特徴のない見た目だけど、使い勝手がいい!

この歯磨きジェルは殺菌作用もあるので、歯磨き後に歯間ブラシで歯間に塗るという方法もいいらしいです。

奥歯の奥やへこんだ磨きにくいところはこれで。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。