なんでもゴミ袋化。プラゴミ削減に少しは役立ってるのか?

こんにちは、つたちこです。
昨年7月にレジ袋が有料化してから、すっかりレジ袋が貴重品になりました。

私は基本マイバック、走った帰りに買い物のときは家にあるレジ袋をたたんで持参、という感じで、ほとんど新規購入はしません。

過去の習慣で、ごみをまとめるのにレジ袋などを使っていたのですが、有料化でそれができなくなりました。

掃除機のゴミや細かいものを捨てるのに、直接市指定ゴミ袋じゃなくていったん袋に詰めたい。
しかも、そこそこの大き目サイズが欲しい。
※掃除機はルンバなんですが、ごみが直にたまるので、そのまま捨てると舞い上がってしまうのです。
※ルンバのゴミを捨てるのに、ある程度の大きさが必要なのです。

<スポンサーリンク>

そこで今まではレジ袋の出番だったのですが、わざわざ買うとなると、ごみ入れで捨てるのが惜しくなります。

イラスト:レジ袋活用のイメージ

最近では、いろんな袋を再利用してゴミをまとめるようにしています。

たとえば、
12個セット売りのトイレットペーパーを包んでいる袋
Amazonなどの通販で送られたものが入っていた袋
「2個セット」などが売られているときのまとめ袋
などなど。

これが、かなりの活躍を見せます。

特に「2個セット」売りなどのまとめ袋は、とても丈夫なことが多く、そのうえ取っ手までついてることもあるので、掃除機のごみ入れだけでなく、外でのごみ拾い時にも大活躍です。

写真:商品梱包袋も貴重なゴミ袋

<スポンサーリンク>

先日のフライパン購入時にも、丈夫な袋2枚ゲットしました。笑

過去の私なら、そのままぽいっと捨てていた袋たちです。

レジ袋有料化がなかったら、そのまま継続していたと思うので、有料化のおかげで「捨てる前にもう一仕事」で役立ってから捨てられるようになって、よかったな、と思います。

どうせ捨てるにしても、いままでももったいないことしていたなー。と反省。

そういう意味では、うちの場合、レジ袋有料化で、袋そのもののごみは減らせていますね。
微々たる活動ですが、他の人もそうなのだとしたら、全国規模で考えると意外と大幅削減できるのかな。
有料化なんて面倒! と思っていましたが、実は結構効果あるかもですね。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。