【自炊】わずか4分40秒で完成する冷凍パスタ、すごい

こんにちは、つたちこです。
自炊は嫌いじゃないですが、たまには楽したい。
スーパーで見かけた、冷凍パスタを試しに買ってみました。

 

買ってきたのは、「マ・マーゴールド スパイスを効かせたボロネーゼ」。

写真:スパイスを効かせたボロネーゼ

セールしていて、2個で250円でした。1個125円。
安い。

外袋を開けると、さらに袋。中にはパスタとソースが一体化して入っています。
これを耐熱皿に取り出します。

写真:スパイスを効かせたボロネーゼを耐熱皿にのせる

外袋に書いてある調理方法通り、中袋はそのままで、600Wで4分40秒レンジで温めます。

中袋のおかげで、ラップをすることすらしなくてよいのが素晴らしい。
※皿が変わっていますがお気になさらず…。

写真:スパイスを効かせたボロネーゼを温め終わりました

温め終わって、念のため触って冷たいところがないかチェック。
大丈夫そうです。

<スポンサーリンク>

袋を開け、ずるりと中のパスタを皿に移したら、完成です。

 

写真:スパイスを効かせたボロネーゼの完成

マジですか、こんな簡単でいいのか。
あまりにパスタが簡単なので、一応スープなども用意してみました。
これもカップスープの素にすれば、お湯沸かすだけでいいですね。

食べるときには、中央にあるソースをパスタ全体に和えてから食べるとよいそうです。
麺をほぐしながら、ソースに絡めていきます。
ソース、一見少な目に見えましたが、十分全体に回りました。

写真:スパイスを効かせたボロネーゼ

食べてみると、味は濃いめです。
実際に入っている肉はパッケージ写真より少ないですが、しっかり肉のソースという感じ。

そして、商品名に「スパイスを効かせた」とある通り、結構スパイシー。
もっと甘ったるい感じのミートソースをイメージしていたので意外です。
味が物足りないことを懸念して、タバスコ代わりのラー油(しかなかった)をテーブルに用意しましたが、不要でした。

これは、思ったより全然おいしい。
パスタも、ゆでたて、というわけにはいきませんが、歯ごたえもあっていい感じ。

途中で冷蔵庫にあった粉チーズをふれば、味を好みに変えながら食べられます。

ほうほう!
これは結構いいんじゃないの?

 

デメリットは、冷凍庫で幅を取る点でしょうか。
ゆであがったパスタ1食分が一袋になっているので、1個のサイズがそこそこ大きい。
我が家のそんなに大きくない冷凍庫では、大量ストックは難しいです。

<スポンサーリンク>

食べたら買い足し、食べたら買い足し、みたいなローリングストック方式にすればよいかな。

あとは、私はちょうどいいボリューム感だと思いましたが、オットは物足りなかったそうです。
「1個半くらい食べたい」だそうです。
これは人に寄りますね。

 

ちなみに、レンジがない場合(使えない場合)には、フライパンでも温め可能だそうです。

写真:スパイスを効かせたボロネーゼはフライパンでもあたため可能

ここのところ防災意識が高まっていることもあり、食べ物ストックのことを色々考えているのですが、もし停電してもカセットガスコンロで温めて食べることもできそうです。

 

冷凍食品、おかず系はたまに買っていましたが、こういう「主食」系はあまり食べたことがありませんでした。
こんなに手軽でおいしいとは、目からうろこ。

調理の手間が少なく、かかる時間も少なく、値段も安くて、洗い物も皿だけでOK。
ゴミも、外袋と内袋だけなので、カップ麺よりコンパクトです。

忙しい仕事中に手早く済ませたいランチには、最適です。
なぜ今まで食べてみなかったのか。
世に出ている便利なものをもっと使ってみなくては。

 

味が濃いので、毎食ではちょっとツライし飽きちゃいそうですが、週に1度くらい手間なしランチとして使うのがよさそう。
他にもいろんなブランドや味があったので、次は冒険してみよう。
高いお値段のは、やっぱりおいしいんだろうか。その辺も試してみたい。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。