自宅に「いいオフィスチェア」を迎えます!

こんにちは、つたちこです。
PCの前に座っている時間は、とても長い。
起きてる間、食事とお風呂と外出時以外はだいたいここにいるのでは、というくらい座っています。

今の椅子は背もたれの意味がない

そんな長時間座っている椅子は、福岡に来た頃に買った、安いオフィスチェアです。
値段は、1万弱くらいだったかな……。
たしか、仕事の関係でとにかくすぐに欲しくて、オットが元いた会社で使っていた椅子と同じものをコスパが良いと判断し、現物を見ずにネットで買いました。

約4年座ってきました。幸い今のところ腰痛などはないです。

が、実は椅子とパソコンは一番お金をかけるべきところなのでは……?
と今更ながら気づいたのでした。

今の椅子は、座面が広く、奥まで腰掛けて背もたれを使うと、PCがとても遠い。
ひじ掛けがあるけど、デスクに引っ掛かってこれ以上奥に椅子がいかない。
結果、浅く腰掛け、背もたれを使わず過ごすのがほとんど。
疲れるとそのままの位置から猫背で背もたれによりかかる、腰によくない姿勢。

まだまだ、このPC中心生活は続きます。
ちゃんと体をサポートしてくれる椅子がほしい!

いろんな椅子に座りに行く

実は昨年5月頃にも一度、椅子買いたい欲が盛り上がったことがありました。
理由は特別定額給付金の支給です。
一人10万円。
ちょっといい椅子を思い切って買うのにぴったりでは? とネットでいろいろ探しましたが、購入までに至らず。

今回はオットからムーブメントが起き、どんどん話が進みました。
現在の椅子を買った反省からも、実際に座ってみないとだめだ! とショールームに行くことにしました。

オカムラのショールームに行く

オット調査で一番気になる存在だったのが、オカムラです。
博多駅そばにショールームがあるので、行ってきました。予約制でしたので、ガラガラで快適でした。

写真:オカムラ福岡ショールーム
オカムラ 福岡ショールーム 見学予約

オカムラのオフィスチェアの有名どころは、コンテッサ、バロンなど。
私は事前調査はほとんどせず、先入観なしで座り心地だけで選んでいきました。

写真:オカムラ福岡ショールーム

順番にいろんな椅子に座ったのですが、「これは!」となったのが「シルフィー(Sylphy)」でした。
座った時の安定感、フィット感が他と全然違う。
背中と腰がとても気持ちよく支えられている感があります。

<スポンサーリンク>

Sylphy (シルフィー)|チェア|株式会社オカムラ

これと並ぶな、と思ったのはコンテッサ(最上位機種)でしたが、さすがにコンテッサは手が出ない。
(20万越え商品です)

何度も他の椅子と座り比べ、また、シルフィーの中でも、ローバック、ハイバック、エクストラハイバック(ヘッドレスト付き)の3パターンもいろいろ試してみました。

椅子の調整方法のレクチャーも受けました。
シルフィーに前傾ポジションがあるのもとてもよかった。
というか、「前傾ポジション」という言葉もここで知りました。

私の普段の姿勢はこれだったのだ。
ものすごくぴったりきました。体をしっかり支えてくれています。とても楽だ。

シルフィーのお値段は、定価で7~10万円ほど。
決して安くはないですが、この値段でこの機能は、なかなかないらしいです。

セイルチェアに座りにおしゃれ家具屋さんにも行く

一方、昨年探したときに気になっていた椅子も座ってみたかった。
それは、ハーマンミラーのセイルチェア

ハーマンミラーといえば、アーロンチェアが有名ですが、20万越え商品です。
そのアーロンチェアの機能をそのままに廉価版にしたのが、セイルチェアという触れ込みでした。

セイル – オフィスチェア – ハーマンミラー

形もおしゃれで機能もしっかり、お値段は10万ジャストくらい、と、ぎり射程圏内で、ぜひ見てみたかったのです。

行ったのは、天神のBivi福岡にある「WORK LAB by H.L.D」。
海外メーカーを中心に、オフィス家具類が見られるお店です。

WORK LAB by H.L.D [ショップ情報] (インテリア、家具、雑貨、照明、ショールーム、オフィス)BiVi福岡

ここで、アーロンチェア、セイルチェア、エンボディチェアなどに座らせてもらいます。
エンボディは初めて座りましたが、後傾ぎみに座るのがデフォルトだそう。(こちらも20万越えです)。

アーロンのあとにセイルに座ってみましたが、とてもいい感じです。

写真:ハーマンミラーのセイルチェアです

正直セイルチェアは、座り心地よりも「おしゃれさ」が勝っているイメージだったのですが、機能面もとてもいい。
個性的な背もたれも、座ってみると予想以上にフィット感があります。

椅子の調整もかなり細かくできて、体にしっかりフィット。
先ほどのシルフィーについていた機能、「前傾ポジション」にもできます。

座面の色や布もたくさんの中から選べます。
個性的に行くもよし、ベーシックな印象にするもよし。

実際に座るまでは「セルフィーかな」と思っていたのですが、セイル、とてもいい。
これは悩ましい。

セイルか、シルフィーか。それが問題だ

<スポンサーリンク>

この日は試座だけして、パンフレットをもらって帰ってきました。

めちゃくちゃ悩みました。
どっちもいい。
大きな金額だし、買ったら数年、もしかしたら10年以上使うだろうから、本当に気に入ったものを買いたい。

いろんな人のブログを読み、写真を見て自分の部屋に置いてあるのをイメージし、座り心地を思い出し。

気持ち的に50:50だった2つの椅子、55:45になったり、49:51になったり、日々揺れまくりました。
もう一度座りに行きたい。

最終的に、気持ちが徐々に傾いたのはシルフィーでした。

私が探しまくったみなさんの椅子購入記。
気づくと、なんとなく法則がありました。

セイルチェアの場合、おしゃれな部屋におしゃれに置いてあって紹介されているのが比較的多いんです。
たしかにおしゃれです。
座り心地がよいだけでなく、あれは所有欲をくすぐる。ものとして欲しくなる。

対してシルフィーの場合は、「1日8時間から10時間座りっぱなし」とか「デザイナー」「プログラマー」みたいな人の体験記が多かったのです。

そっち。私、そっち側です! おしゃれよりがっつりです!!

さらによく思い出してみると、セイルチェアのお店で、店員さんが説明してくれているときに「3時間くらいなら全然問題ない」的な発言を2回くらいしていたのです。
その時は「3時間に1回は休憩するし、問題ない」と思ってスルーしたんですが、あれは暗に「あまりに長時間には向かない」と言っていたのではなかろうか(これは私の勝手な解釈です!)。

セイルチェアはいい椅子です。
座り心地もよかった。
一時は気持ちがかなり傾いて、セイルチェアにしようかな、と思ってました。

でも、じわじわと天秤はシルフィーに傾き、気づけば97:3くらいまでになっていました。

決めるまでにまる1週間かかりました。

思い切って今日、シルフィーを発注しました。
ああ、決めてしまった。
カスタマイズしての受注生産のため、到着は3~4週間後とのこと。
4月中に来るかな。

一度あの座り心地を知ってしまうと、今座っているこの椅子の物足りなさが際立ちます。
早くシルフィーに座って仕事したいなー。
楽しみです!!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。