どうみても春巻き。きんとんで上質スイーツを手軽に作る

こんにちは、つたちこです。
お正月に作ったりんご入り栗きんとん、おいしくてさっぱり食べやすくて、今年はアッというまに売り切れました。
オットからの「もっと食べたい」のリクエストと、家にりんごとサツマイモがあったので、今度は栗なしきんとんを作ることにしました。

 

つまり、サツマイモとりんごを蒸し煮してフードプロセッサでつぶして、砂糖をいれた煮詰めたペースト状のものです。
(甘露煮シロップがなかったので、砂糖とみりんで代用しました。全然問題なし)

写真:りんごとさつまいもできんとんペーストを作ります

 

<スポンサーリンク>

2度目のりんご入りきんとん(栗なし)もおいしくできました。
自家製ならではの甘さ控えめでさっぱり。

が、せっかくなのでアレンジしよう。

使いかけの春巻きの皮があったので、これにカレースプーン1杯分くらいのきんとんとクリームチーズをいれ、くるっと巻きます。
小さなフライパンにバター大匙2くらいを溶かして、中火で春巻きを両面こんがりと焼けば完成。

写真:きんとんとクリームチーズの春巻き

どう見ても普通の春巻きにしか見えませんが、これはデザートです!!

 

食べると、春巻きの皮がバターを吸って薄いパイ生地のよう。
サクサクの歯ごたえとバターの香り。
作って少し時間をおいても、サクサク感が続いています。

<スポンサーリンク>

中では、甘いサツマイモ、りんごのさわやかさ、そしてクリームチーズの酸味が一体化しています。
これ、絶妙な組み合わせ!

とてもおいしい。
自画自賛ですが、ちょっと高級なパン屋さんで売ってそうな味ですよ、これは!

くるっと巻く手間はあるものの、中身さえあれば難しくなく作れるのもうれしい。オーブンとかもいらないし。

見た目がどうしても「中華春巻き」なんですけど、味は洋風リッチスイーツ。
このシリーズで他の味もいろいろ試してみたい。

 

以前りんご煮で作ったのもおいしかったです!
春巻きの皮(小麦粉)+バター=パイ生地だ!

リンゴのキャラメル煮をアレンジ。春巻きの皮でアップルパイもどきを作ったよ。
先日作ったリンゴのキャラメル煮。 翌日の朝食に、トーストにのせて食べたりもしましたが、まだ余っています。 よし、おやつでも作...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ