山形まるごとマラソン、完走賞がレベル高い!芋煮パーティ開催

こんにちは、つたちこです。
先月完走した「山形まるごとマラソンオンライン」
完走賞がやってきました

 

オットの選んだ完走賞、「日本酒2本セット」がこちら。

写真:山形まるごとマラソン 完走賞

5合瓶2本!
そして、無洗米300gとFANBOOK、大会タオルつき!

中身はわかっていたものの、到着するとものすごくうれしいですね。

 

そして、私の選んだ完走賞「芋煮セット」がこちら。
芋煮セットのほうにも、お米300gとFANBOOK、大会タオルがついてきました。

写真:山形まるごとマラソン 完走賞

リッチな印象の黒い箱に入っているのは……

写真:山形まるごとマラソン 完走賞芋煮セット

<スポンサーリンク>

山形牛、山形のサトイモ、山形のこんにゃく、山形の長ネギ、そして、芋煮の汁のもと!
山形牛が200gも入ってました。
きれいなさしが入ってて、これ、めちゃ高いお肉なのでは……?

 

さらに感動したのは、大会本部の方が、「生鮮食品だからちゃんと受け取れるように」と、わざわざ電話で到着予定日を連絡してくれたことです。

いったい何人がこの芋煮セットを頼んだかはわかりませんが、全員に、ですよね?
しかもちゃんと電話を受けるまで何度も!(私が出られなくて3度も電話をいただいてしまった。すみません)

なんてきめ細やかな対応でしょうか。
おかげで、ばっちり受け取れました。

 

電話でも「発送から4日以内に食べてください」とおっしゃっていたので、さっそく芋煮会をしました。

送られたものだけで芋煮の材料はそろっていますが、マイタケやシメジを入れるとよりおいしい、と書いてあったので、マイタケも買ってきて入れました。

作り方は、むき身のサトイモとこんにゃくを、軽く水洗いして鍋に入れ、水と芋煮の素を入れてしばし煮込みます。

写真:山形まるごとマラソン 完走賞 芋煮セットを作る

サトイモが柔らかくなったら、牛肉、マイタケを入れて、ほぼ煮えたら長ネギを入れてさっと煮たら完成。
(今回オットが作ってくれました)

写真:山形まるごとマラソン 完走賞で芋煮バーティ

日本酒は、純米酒「秀鳳(しゅうほう)」をいただきました。
甘みが強いですが、割とさっぱりとした飲み口。
うまい。

<スポンサーリンク>

そして芋煮。
私は初・芋煮です。はるか昔に山形に行ったことはあるんですが、食べたことなかったなあ。秋の風物詩だからかな。
しょうゆベースの甘口のつゆに、ねっとりと柔らかいサトイモ。歯ごたえのいいこんにゃく。
牛肉はやわらかくて、肉のだしもしみしみ。

なんといっても出汁がおいしい。
ベースのだしの素に牛肉や野菜のうまみが加わった、なんとも言えない風味です。
味も濃すぎないで、野菜やこんにゃくと一緒にするする飲んでしまう。
あとでのどが渇きそうだなあ。でも止まらない!

ボリュームもたっぷりで、2人で結構頑張って食べましたが食べきれませんでした。
明日は明日で、このおいしいだしにご飯を入れておじやにするか、うどんを入れて煮るか、など夢広がる……。

 

この大会の参加費、一人あたり2000円でした。
2000円でこの参加賞の充実ぶりは、「コストは、大丈夫ですかー!?」と聞きたいくらいです。
(冷蔵便の山形-福岡の送料だけで2000円近くしそう……)

さらに、参加賞の到着予定日が、ちゃんとウェブサイトに掲載されているのです。
賞品ごとに違うからかもしれませんが。

参加賞・完走賞のお届け予定日についてお知らせいたします。 | 山形まるごとマラソン2020【公式】

電話連絡といい、なんというきめ細やかな対応!!
「山形まるごとマラソン」への好感度と信頼感、めちゃくちゃアップしています。

頑張って地元でハーフを走ったら、山形のおいしいものをしっかり堪能できました。
本当なら現地で参加してこのおいしいのを食べるのが一番ですけどね……!
でも遠い福岡から、山形に思いをはせるのもよいですね。

 

ごちそうさまでした!
日本酒はまだたっぷり残っているので、ちびちびとおいしくいただこうと思います。

来年は新型ウィルスが収束して、オンラインじゃない通常大会が開かれることを祈りつつも、またオンラインマラソンでこの参加賞がもらえるならそれも悪くないな、などと思ってしまうのでありました。
(行きたいのはやまやまですが、山形まで遠征するのはかなり大変……)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ