「山形まるごとマラソン ONLINE」決行!スイーツ買い食いつきファンラン

こんにちは、つたちこです。
「山形まるごとマラソン2020 ONLINE」を走ってきました。
開催期間は2020年10月3日~18日まで。
その期間内に、自分の好きな場所でハーフマラソン(21.0975km)を一気に走る大会です。

いつやるかを検討したのですが、来週は結構忙しいし、最終週になって雨が続いたら困るし……というわけで、初日の今日、走ることを決定。

朝早くから(当社比)準備をして、9時過ぎに出発です。
予定より気温が高くなりそうで、波乱の予感。

 

今回設定したコースは、糸島半島を突っ切って海まで行って、戻ってくるコース。

最近の練習では8kmくらいが定番だったので、いきなり21kmはかなり冒険です。
それでもまあ、たぶんなんとかなるでしょ、と楽天的に出発。

糸島半島は、半島の付け根から海に行くまでで山を越えねばなりません。
途中、お米たなびく田園風景を横目に見たり、季節外れの桜が咲いていたりするのを観察しながら、走ります。

写真:季節外れの桜が咲いてました

結構なアップダウンを2度繰り返し、ようやく海!

ここが11km(約半分)地点です。
久々の海だー。

写真:11km地点の糸島の海
今日は曇り空で湿気が多かったせいか、景色はあまりよく見えませんが、海はきれいでした。

 

<スポンサーリンク>

さて、ここから折り返し。
疲れが出てくる復路には、お楽しみを用意しました。

まずはスムージー。
志摩桜井にある「Blue Roof」に立ち寄り、フルーツスムージーを買い食い。
私はパイナップルとりんごのスムージーをお願いしました。

写真:福岡糸島 BlueRoofのパイナップルスムージー

最高気温28度とかなり暑かったので、体の中からヒンヤリ冷やしてくれます。
あまくて、ビタミンも取れそうな爽やかな味でとてもおいしい。
なんだか生き返る。

長めの休憩になりましたが、おかげで元気復活。

写真:彼岸花にカラスアゲハ

ここからまた、山越え。じわじわと長い上り坂をひたすら登る苦行コースです。

疲れがでて、足の裏がいたくなってきました。
つらい。

 

ようやく山を越え、九大伊都キャンパスそばまでやってきました。

ここで再びおやつタイム!
以前から気になっていた「OYATSU LABO Joie(おやつラボ・ジョワ)」でアップルパイを買い食いです。
スマイルアップルパイ、かわいい。

写真:福岡糸島 おやつラボジョワのアップルパイ

パイがサクサク!
りんごのフィリングは甘さ控えめで、ザクザクとろりの組み合わせがとてもおいしい。

ただ、口の中の水分を持っていかれるので、水分必須です。
(隣のファミマで水を買いました)

 

<スポンサーリンク>

2度目の補給でまた元気復活! と行きたかったのですが、ここから残り数キロは全然スピードが出なくて、疲労もピーク。足も痛い。
何とか足を動かしているような状態でした。
やっぱりハーフはキツイ。

最後の1kmくらいは「もうちょいがんばれ!」と自分を鼓舞して若干のスピードアップ。

無事に、21km走り切れました。
疲れた!!

キャプチャ:ハーフマラソンを走った記録

汗だくで、シャツが潮を吹いてました。
あと、日焼け止めを相当塗って走ったけど、確実に日焼けしている!

 

最後のほうは足や膝に痛みが出てきて、かなりしんどかったです。
帰ってシャワーを浴びてから足をよく見たら、右足親指の横に血豆のような水ぶくれができていました。
これは痛いはずだ。

いままでこんな場所に水ぶくれができたことはなかったので、やっぱり走り方とかフォームとか、変わってしまったんだろうか。
困るなあ。

 

しんどかったものの、
・普段にはないイベント感
・途中のスムージーやアップルパイがおいしい
・走り終わった後には痛みとともに達成感もあり
と、総合してとても楽しかったです。

オンラインマラソンに乗っかった自主イベント企画ではありますが、シリアスランナーではない私には、このくらいの楽しさがちょうどよかったです。
まあ、家に着いたらぐったりでしたけども。

あんまり気温低くない10月だから、買い食い休憩しても体が冷えなくていいですね。
(むしろ今日は夏日であつかった!)

これでしばらくはまた、地味ジョギングに戻ります!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。