【自炊】ナポリタンには水漬けパスタがよい説

こんにちはつたちこです。
ランチにナポリタンを作りました。

 

今回、ナポリタンを作るにあたり、試したかったのが水漬けパスタです。

水漬けパスタ、以前もやったことありますが、独特のもちもち感があります。
嫌いではない。
嫌いではないけども、乾麺をゆでたときのツルっとした感じのほうが好きで、あまり水漬けパスタを作ることはありませんでした。

だけど、ふと思ったのです。

日本の喫茶店文化から生まれたナポリタンには、水漬けパスタ特有のもちもちした食感があうのでは……!

 

お店のナポリタンをつくるのに、麺は前日に茹でて1日置くと聞いたことがあります。
これが独特のもちもちした食感になるとか。

もしかして、水漬けパスタの食感はそれに近いのでは?

前日に茹でておくのはちょっとハードルが高いけど、水漬けパスタなら3時間程度つけておけばOK。
朝から漬ければランチにちょうどいいです。

というわけでやってみました。

 

今回の材料(2人前)
・パスタ(1.6mmで9分茹でのもの)200g
・新玉ねぎ 1個 厚めのスライス
・ピーマン 1個 千切り
・ソーセージ 2本 斜め薄切り
・ニンニク 一かけ みじん切り
・トマトケチャップ かなりたっぷり(計り損ねました)
・塩コショウ 適宜
・オリーブオイル 適宜
・バター 少々

 

いざ作ります。

<スポンサーリンク>

パスタは朝から水につけて冷蔵庫に入れておきます。

写真:水漬けパスタをつくります

3時間以上たつと、こんな感じでふやけてます。
白くてビビりますが、茹でると戻るのでご安心を。

写真:水漬けパスタが出来上がりました

小鍋にお湯を沸かして、塩を少々入れて準備します。

みじん切りのニンニクと新玉ねぎをオリーブオイルで炒めます。
うっすら透明感がでてきたら、ソーセージとピーマンも入れてさっと炒めます。
この後も炒めるので、この段階で生っぽくても大丈夫。

写真:ナポリタンを作ります。具を炒めます

野菜類を周りによせて、ケチャップをどーんと。
かなりたっぷり入れます。
※あとでわかりますが、これでもちょっと味が薄めでした。

写真:ナポリタン。野菜を寄せてケチャップを大量に入れます

このまま火にかけて、ケチャップの水分を飛ばします。
しばらく水分を飛ばしたら、具と混ぜてさらに炒めます。

ケチャップをフライパンに入れた段階で、パスタをゆで始めます。
漬けていた水は捨てます。

写真:水漬けパスタを茹でます

茹で時間は既定の半分くらいで大丈夫。今回は4分強茹でました。
味見をして、ちょっと柔らかめ? くらいな感じまで茹でます。

パスタがゆだったら、お湯からトングで取り出して、そのままフライパンに入れます。
水を切りすぎない感じ。
同時に、フライパンにバター少々を入れます。
パスタのまわりのゆで汁と、フライパンの油分を乳化させながら、パスタとフライパンの中身としっかり和えます。

写真:ナポリタンの具と茹ったパスタを和えます

混ざったら味を見て、薄ければ塩コショウで調整。
これで出来上がり。

彩りに冷凍パセリをふりました。

写真:水漬けパスタのナポリタン、できあがりました

 

<スポンサーリンク>

これがですね。
最初に書いた「もちもち感」がとてもいい感じで、ああ!ナポリタンってこうよ! という気持ちになりました。
予想が当たってうれしい。
粉チーズがよく合います。

ただ、見ての通り、色がちょっと薄いです。
で、ケチャップ風味もちょっと薄い。
あんなに入れたのになあ……。あれでも足りないとは……。

写真:ナポリタン

それでも私は物足りないほどではなかったのですが、オットは追いケチャップをして食べてました。敗北感。
味の濃いほうが良い方は、本気で「こんなに入れていいの?」ってくらいケチャップを入れたほうがよさそうです。

 

ケチャップの水分飛ばすのは(またしても)樋口直哉さんのレシピを参考にしました。

喫茶店のナポリタンの作り方、プロの味に近づけるための工夫をいくつか|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

※ちゃんとケチャップを計量せよ、と書かれています。わー、すみません。

今回特に気に入ったのは、新玉ねぎをたっぷり入れたところです。
厚めに切ったので、食感は残りつつ炒めたことで甘みがすごい。
とてもおいしいです。
新玉ねぎのあるシーズンならではですねえ。

 

「水漬けパスタでナポリタン」がよい感じだったのが再現性があるか、実は今週2回作って試してみました。

どちらもおいしくできたので、これからナポリタンを作るときにはこの方法でいきます。
ケチャップは、次回はちゃんと量ってたっぷり入れます!

 

1つ問題があるとしたら、水漬けパスタを作るには最低3時間くらい水につけないといけないこと。
つまりランチに食べるなら、朝からランチメニューをナポリタンと決めて準備する必要がある。

ランチタイム直前に「今日のお昼、どうしよう?」と日々悩むような適当な私にとっては一番のネックかも。

逆に、決めてさえおけば、メニューは悩まないしパスタはすぐ茹るし、いいことだらけです。
つまり、「ちゃんと事前に決めておけ」という話でした。
準備さえしておけば、おいしい&時短&光熱費も節約(水が少なくていいしすぐ茹るので)でいいことだらけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ