「つづ井さん」と一緒!自分の体の推しをめでる

こんにちは、つたちこです。
「裸一貫!つづ井さん」という漫画が好きです。
「腐女子のつづ井さん」の著者が描く漫画です。
つづ井さんの楽しい前向きな人生が描かれたシリーズで、CREA WEBで連載中。

裸一貫! つづ井さんまとめ | 裸一貫! つづ井さん

 

つづ井さんの素敵なところは、常に好きなものに対してまっすぐで素直で一直線に取り組むところです。

お話の一つに、「自分の体の推し」をめでる話がありました。

つづ井さんはオタクで、常に「推し」がいる状態なのですが、その「推し」の一つとして、自分の体のパーツである「お尻」をターゲットに決め、めでて育ててみる、というお話です。

 

お尻を育てる、つまり、いつも以上にお金を投資して手入れをし、愛着を持ってかわいがる。
その結果、お尻はつるつるピカピカに!
誰にも知られない場所で、ひそやかに自分だけがそのかわいさをめでる。

……というお話だったのですが、通常の推し(俳優さんだそうです)の話以上に
「わかる!!!!」
と思ってしまいました。

<スポンサーリンク>

 

私はいま「推し」と呼べるような熱烈な何かへの愛情はないのですが、「体の推し」はあります。
私の場合は「ひじ」です。

 

以前は、カチカチのゴリゴリの、黒ずみでグレーがかった皮膚が貼りついた、よろよろのひじでした。
もう一生誰にも見せられないわ! というレベルのひどい有様でした。

同様に、ひざ、すねもひどいものでした。
まあ、お手入れ1つしてなかったので当たり前なんですけども。

保湿が重要と聞いて、ある日から一念発起して、風呂上り直後に全身にユースキンAを塗り始めました。

肘、膝、すね、おしりを中心に、乾燥しがちな場所にぬりまくり。
そのままパジャマを着て寝ます。

 

それを珍しく挫折せずに繰り返していたところ、気づけばひじも膝もつるつるのやわやわなものに変わっていました。
正確に測ってなかったのでおよそですが、3~4か月かかったかな。

体は、ちゃんと可愛がると、しっかり応えてくれるんだな!!!
人間の細胞ってすごい!

あれは感動しました……!

普段からやってる人には当たり前のことかもしれませんが、それまで全く手入れらしいことをしていなかった私にとっては驚愕の出来事でした。
しかもエステとか、特別なクリームなどを使っているわけでもなく。
ただただ風呂上がりにユースキン、という単純な作業の繰り返し。
作業は単純ですが、ひたすら「やわらかくなれ~」と願いを込めながらすり込んでましたが。

<スポンサーリンク>

その結果がこの肘!
自分の育てた推し(肘)は、めちゃくちゃいとおしいです。
もう一生ガチガチのままだと思っていたよ。
ちゃんと推せば、出来る子だったんだね(肘です)。

写真:ひじ イメージ

 

今でも、風呂上りに毎日ユースキンは欠かせません。冬はもちろん、夏も薄く塗ります。

ひざやすねは乾燥はしていないものの別の点で人様に見せにくいのですが、推しの「ひじ」はね! 今の私のチャームポイントと言いたい。笑
自分で鏡で肘を確認して、にやにやしちゃう。
よしよし、いいぞ! 今日もやわらかいぞ!

私の育てた「推し」といっても過言ではない。
(地下アイドル的な感じになってきた)
まあ、なかなか人様に見せる機会もないんですが!

私だけの、私が育てた推し「ひじ」。
推しを育てると思って、体の手入れをするのも、楽しいですよ。

 

楽しい話がいっぱいの「つづ井さん」。
コミックスも出たのです。うれしい。
つづ井さんみたいに友達と遊びたい。

そして全身にユースキンA! ポンプタイプで大量に塗りまくりです。

秋も【ユースキンA】で乾燥知らず。塗り方のたった一つのコツ
だいぶ気温が下がってきて、乾燥する季節になってきました。 相変わらず私は毎日「ユースキンA」一本派ですが、乾燥知らずです。 たっ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ