【糸島ランチ】「山崎」で手打ちそば!古民家でホスピタリティ高いサービスを受ける

こんにちは、つたちこです。
福岡では、そばよりうどんが断然優勢です。
ですが、糸島においしいお蕎麦屋さんがあると聞いてやってきました。
「そば処 山崎」
古民家を改装したお店です。
おそばやさん、久しぶり。

写真:福岡糸島 そば処山崎 外観

 

山崎があるのは、糸島の中でも山側です。
県道49号線から折れて、細い道を進んだ先にあります。

お店は、もともと農家のおうちとかだったのでしょうか。
平屋の建物が2棟連なっています。

車は6、7台は停められそうな広い駐車場でした。

引き戸を開けると、玄関がそのまま使われています。
靴を脱いで、お邪魔します。

写真:福岡糸島 そば処山崎 玄関のからうすり

中に入ると、さらにガラスの引き戸があります。
開けてはいると、手前にお座敷、奥にテーブル席が並んでいます。

「どこでもどうぞ!」と言われたので、隅のテーブル席に座らせてもらいました。

日差しがあたたかでのんびりした雰囲気。

写真:福岡糸島 そば処山崎 店内の様子

今回、平日の13時頃にお邪魔したのですが、先客が4組ほど。
私たちの後にも3組ほどやってきました。
この場所でこのタイミングにこのお客さんの入り。人気のお店なのでは。

<スポンサーリンク>

さて、メニューを拝見。
ベースの手打ちのお蕎麦は一緒で、トッピングがいろいろだったり、暖かかったり冷たかったり、というバラエティです。
お値段はどれも1000円越え。結構いいお値段だ。

悩みましたが、私は季節限定の鶏肉ときのこのつけそば(1500円)。
オットはあたたかいみぞれそば(1200円)をお願いします。

 

しばらく待つと、「前菜です」とお皿がやってきました。
おお? 前菜がつくのですね。書いてあったかな?

写真:福岡糸島 そば処山崎 ランチの前菜

お皿の上に、様々なお惣菜が並びます。
厚揚げの煮物、卯の花、サツマイモの煮物、レンコンの煮物、煮豆、叩きキュウリ、ちくわとモロッコインゲン(たぶん)とナスの天ぷら。そしてみかん。

天ぷらは揚げたてでした!
あつあつサクサクのちくわの天ぷら(カレー風味)おいしい。

煮物類もしっかり味がしみしみで、とてもおいしい。
一つ一つ丁寧に作られていそうな味がします。

 

前菜を食べ終わってしばらく経って、お蕎麦がやってきました。

キノコと鶏肉のつけそばです。
おつゆはあっつあつでした。冷たいそばとあったかいおつゆの組み合わせ、好きなんです。

写真:福岡糸島 そば処山崎 キノコと鶏のつけそば

ではいただきます。
そばはコシがあっておいしい。
そしておつゆは関東風の辛口でした。色も濃くて、こういうおつゆを外食で食べるの、久しぶりだ。

キノコはしめじに椎茸にえのきが入っていて、出汁においしい味がしみだしてます。
鶏肉は少な目でしたが、柔らかくておいしい。

途中で添えてある柚子胡椒を入れると、さらにピリッと味が引き締まります。

 

オットの頼んだ「みぞれそば」はこちら。

写真:福岡糸島 そば処山崎 みぞれそば

<スポンサーリンク>

少し味見させてもらいましたが、こちらのおつゆはうどん風の色の浅いおつゆでした。
あったかいそばには、やっぱりこのおつゆなのかな。
関東風の黒いおつゆ(あったかいバージョン)は受け入れにくそう……。

たっぷりの大根おろしでさっぱり食べられてこちらもおいしい。
胃に優しそうな味がします。

 

食後には「そば湯」も出してくれました。
そば湯も、そういえばうどんやさんでは見ないので、ひさしぶり。
あったかいつけ汁を最後までおいしくいただけました。

 

ごちそうさまでした。
丁寧に作られたおいしいおそばを楽しめました。

写真:福岡糸島 そば処山崎 テーブルの花

お店の方が、常連さんだと思われる方に名前で呼びかけていたり、「お待たせしました!」とはきはきと声をかけたりと、ホスピタリティ高い接客なのが印象に残りました。

そして、13時半には打ったお蕎麦がなくなり、閉店!
店舗情報では16時までとなっていましたが、まさかこの早い時間になくなってしまうとは。
早めに来てよかったです……。

春には「一本桜」が咲くのが有名なんだそうですよ。

写真:福岡糸島 そば処山崎 一本桜

 

そば処 山崎
福岡県糸島市二丈松国102

そば処 山崎(食べログ)

写真:福岡糸島 そば処山崎 看板

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ