【六本松ランチ】「五穀」でふわトロの明太子オムライスランチ

こんにちは、つたちこです。
珍しく都会ランチ。福岡市のちょっとはずれにある六本松に行きました。

どうせ行くならなんかおいしいランチを、と、行列のできるオムライスやさん「五穀」に行ってきました。

 

「五穀」があるのは、地下鉄六本松駅のすぐそば、MJR六本松というビルの1Fです。

この辺りは元九州大学があった場所で、2017年に再開発完了したばかりの、なんというか最新ぴかぴかエリアです。
真新しい印象のビルが立ち並びます。

写真:六本松駅付近の様子

 

ランチタイムはいつも行列、という噂だったので、時間をずらして14時ごろに到着。
外に行列用のイスも用意されていましたが、この時間ではさすがに空いていました。

写真:福岡 六本松 五穀の外観

お店の中は2人掛けのテーブルが10卓くらい。
それほど大きなお店ではないので、隣との間は狭めです。
タイル張りの壁がかわいらしいし、全体的に女性好みのインテリアで清潔感があります。
後から入ったトイレも、とても広くて(そしてユニバーサルデザインで)きれいでした。

写真:福岡 六本松 五穀 店内の様子

 

さて、メニューを拝見。と言いつつ、来る前から心は決まってました。
この店の看板メニュー「明太子オムライス」です。
単品(860円)もありますが、「メンオムランチ」と呼ばれるランチセットが900円(税別)。こちらをお願いします。

<スポンサーリンク>

写真:福岡 六本松 五穀 メニュー

ランチセットには、サラダ、デザート、飲み物が付いてきます。
他にもオムライスはありますが、セットになっているのは「明太子オムライス」のみでした。

他のメニュー(単品)は、焼肉オムライス・ガーリックオムライスなど。
マグロ丼、いくらごはんなどの海鮮系もあります。
オムライスと海鮮系が並ぶ、なんだか不思議なラインナップ……。

 

オーダーしてすぐにサラダが到着。
小さめの器にレタス、ワカメ、コーン。

写真:福岡 六本松 五穀 セットのサラダ

 

その後、それほど待たずに明太子オムライスがやってきました。

写真:福岡 六本松 五穀 明太子オムライス

おー。これが噂の!
タンポポオムライス方式で、上に大きなプレーンオムレツがどっしりとのっています。
ぷるぷるだー。

写真:福岡 六本松 五穀 明太子オムライス

スプーンで真ん中を切っていくと、まわりにてろん、とオムレツが広がります。
とろとろ半熟!

ではいただきます。
このごはん部分ですが、一見「チキンライス」に見えますが、全部明太子まみれのごはんなのです。
この鮮やかなピンク色、すごい。

写真:福岡 六本松 五穀 明太子オムライス

とろとろの卵と一緒に食べると、明太子の辛味もありつつ、たまごでまろやかに食べられます。

明太子ごはんですが、これ、相当たっぷり明太子が入っていて、白いご飯のかけらもありません。

プチプチ、というよりはトロリとした半生な感じ。
たっぷりの明太子の割には、生臭さは感じません。
ごはんには、少しもち麦もまざっていました。

ずっと同じ味なので、途中で、別に添えてあるケチャップとマヨネーズを少しつけてみます。
ちょっと加えて食べると味の印象がだいぶ変わるのが面白い。

<スポンサーリンク>

マヨネーズの酸味、ケチャップの甘さ。
個人的には、マヨネーズをちょっとだけ追加して食べるのがおいしかったです。

 

食後のちいさなケーキはガトーショコラでした。

写真:福岡 六本松 五穀 セットのデザートとコーヒー

見た目よりふわふわでやわらかい。濃厚さはほどほど。
チョコレートソースがたっぷりかかっているので、甘さは強め。
ブラックコーヒーと飲むのがちょうどよかったです。

 

ごちそうさまでした。
おいしかった。そしてボリュームもたっぷり。
ですが、行列してまで食べたいか、というとそこまででもないかなあ……(個人の感想ですよ)。

あと、ケーキとコーヒーが食事と同時に出てきたのがちょっと残念でした。
やっぱりコーヒーは、食後にあつあつのが飲みたい。

人気店だから、すかさずどんどん出していくオペレーションになっているのかな。
空いている時間だったので、臨機応変に対応してくれたらうれしかったなあ。

 

それでもさすが人気店。
混雑はしないものの、15時くらいまで常に半分くらい席が埋まり、たいていの人がオムライスをオーダーしている様子でした。

午後休憩もなく、ランチタイムの時間制限はなさそうなので、混雑時間を外していくのがよさそうです。

 

五穀
福岡県福岡市中央区六本松4-2-6 MJR六本松 1F

五穀(食べログ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ