増税前の小さな駆け込み:3年経ったMeyerフライパン(20cm)を再々購入

こんにちは、つたちこです。
10月からの増税間近ですが、これといって対策らしいことはしていません。
キャッシュレス決済(クレカを中心に)を使うことが多くなったくらい。

が、「そうだ、これを9月中に買っておこう!」と思い立ったのがフライパンです。
新しいフライパンを買いました。

我が家のフライパンラインアップ

今、我が家には28cmと20cmの2つのフライパンがあります。
どちらもテフロン加工系のフライパンです。

両方とも使用頻度はとても高いのですが、特に20cmのフライパンは、ほぼ毎日使います。

朝ごはんに目玉焼き、昼に魚を焼いたり。
深さが適当にあるので汁気のあるものも作れて、一人分のカレーを作ったり、煮魚を作ったり。
とても重宝。
使わない日はないくらいの頻度です。

ですが、最近ではコーティングも落ちてきて、それでもなんとか油をひいてごまかしつつ使っていたのですが、いい加減限界が近い。
具体的には、油を引いても焦げ付いてしまいます。いよいよ末期です。

 

どうせ買うなら増税前に新調しよう、というわけで買いました。
ささやかな増税対策。

新しいフライパンがやってきた!

買ったフライパンは、マイヤーのスターシェフ2。
今現在使っているものと同じシリーズ。
……なんですが、正確には、今まで使っていたのが「スターシェフ」で今回は「スターシェフ2」。
微妙にマイナーチェンジしています。

写真:Meyer(マイヤー)スターシェフ2 20cm

到着時はビニール袋でぐるぐるまきでした。

写真:Meyer(マイヤー)スターシェフ2 20cm

取り出すとこんな感じ。つるぴか!

写真:Meyer(マイヤー)スターシェフ2 20cm 背面

裏側はシルバー! ピッカピカです。
うっかり指紋が付いてしまいました。

<スポンサーリンク>

 

スターシェフとスターシェフ2の見た目的な違いは、フライパンのふちに厚みができてます。
なので、同じ20cmフライパンでも、新しいフライパンのほうが、直径が一回り大きくなってます。
強度が強くなるなどの理由なんでしょうか。

写真:Meyer(マイヤー)スターシェフ2 とスターシェフの違い

左がスターシェフ2(新デザイン)、右がスターシェフ(旧デザイン)です。

前のほうがすっきりとしていて好きでしたが、旧デザインのものは廃番なので止むを得ません。

 

このフライパンの、私のお気に入りポイントは2点。

  • 外見のカッコよさ
  • するするコーティングのもちの良さ

新品は(当たり前ですが)ピカピカ!
シルバーのシンプルな外見がとてもかっこいいです。

コーティングのもちの良さも、後述しますがかなり長いほうではないかと思います。

3年使ったMeyerと比較

古いフライパンの状況を見ると、特に壁が立ち上がる近辺を中心にざらつきがひどく、これが焦げ付きの原因になっています。

写真:Meyer(マイヤー)スターシェフ 3年使ったフライパンの状況

買った時期を調べてみたら、2016年8月。まだ東京にいたころでした!
なんと3年も頑張ってくれてた。
むしろよくがんばったな……。
(ここ2、3か月はかなり厳しい状況でしたが、無理やり使い続けてたのでした)

 

Meyerのスターシェフのフライパン、20cmは今回で3代目。

初代購入が2014年1月、2代目が2016年8月、そして今回が2019年9月。
それぞれ2年半、3年強と、かなり長いこと使っています。

特にフリーランスになってから自炊頻度が激増。
2代目は、2年以上ほぼ毎日活躍しているにもかかわらず、この耐久性!

ちょっとほかのフライパンに比べると値段が高めですが、それだけの価値はあるかなあと思ってます。
ずっとお気に入りなのです。

写真:Meyer(マイヤー)スターシェフ2 20cm 3年使用との比較
新品と比べると、使い込んだ感がすごい。もういくら磨いても取れないのですよ……。
3年お疲れさまでした。

やっぱりMeyer スターシェフ2にした理油

今回、実は他のフライパンに変えるかな、と悩んだのでした。

なぜなら、以前の家はIHコンロだったのでIH対応フライパンである必要があったのですが、今はガスコンロです。
つまりIH対応していなくてもいいのです。
(スターシェフシリーズは、IH/ガスのオール熱源対応です)

 

<スポンサーリンク>

Meyerのフライパンの中でもIH対応していないガス専用フライパンもありました。
そっちのほうが、お値段も低かったり。
その場合、デザインももちろん変わります。

いろいろ検討しましたが……。
やっぱりこの「スターシェフ」のルックス! 見た目のかっこよさを諦められなかった!

オールシルバーで中だけ真っ黒。余計な柄などもなし。
すっきりとしたシンプルな形。

写真:Meyer(マイヤー)スターシェフ2 20cm

毎日使うものだからこそ、機能だけでなくデザインも気に入ったフライパンで料理したい!

品質ももちろんですが、愛着のわくデザイン、大事です(私にとっては!)。

あとは、意外とこのくらいの深さのフライパン少な目でした。もっと浅いのは結構あるんですが……。

 

というわけで、めでたく3代目が始動しました。
するっするで卵が焼ける幸せよ。

永遠に続け、とは言いませんが、しばらくは料理がいつも以上に楽しくなりそうです。

 

ほかのマイヤー(MEYER)関連の記事

初めて20cmのMeyer Star Chefを買った時のエントリーはこちら。

フライパン「MEYER(マイヤー)」の使い勝手レビュー!するすると卵が巻けてとてもいい感じ
うちには大中小の3つのフライパンがありますが、いちばん使用頻度の高いフライパンは、代々18cm~20cmくらいの小さいサイズのもの。 主に...

実際に1年6か月使ってみての感想はこちら。

フライパン「MEYER」の1年6か月後使用報告
以前フライパン「MEYER」を買って、いい感じだったのをブログに書いて、その後その「いい感じ」がどこまで続くかなーと思ってたので、報告。...

すごく気に入ったので、26cmタイプも買いました。

Meyerのフライパン26cmが届いたので、20cmと比較してみた!
Meyerの20cmフライパンを1年半ほど愛用して気に入ったので、26cmも同じMeyerの「Star Chef」に買い替えました。...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ