【鹿児島旅行】砂蒸し風呂がこんなに素敵なものとは知らなかったよ

こんにちは、つたちこです。
鹿児島&宮崎に、旅行に行ってきました。

ぼちぼちとそのあたりの話を書きたいのですが、まずは一番印象深かった出来事を。

それは「砂蒸し風呂」です。
※温泉ゆえに写真がありませんので、砂蒸し温泉サイトなどでイメージしてください。

イラスト:鹿児島・指宿 砂蒸し温泉イメージ

鹿児島・指宿に行きました

世界でも珍しい天然砂蒸し温泉が楽しめるのが、鹿児島県指宿(いぶすき)。
行ってきましたよ、指宿へ!

鹿児島中央駅から車で約1時間半。
指宿は、薩摩半島の南端にあります。

今回はホテル「白水館」に設置された砂蒸し温泉に入りました。

砂蒸し温泉の入り方

砂蒸し温泉は普通の温泉と違い、お作法があります。

男女別の脱衣場で下着まですべて脱いだ後、専用の浴衣に着替えます。
帯も専用のもの。通常より短めでぎりぎり結べる感じでした。

浴衣の準備ができたら、砂蒸し会場(?)へ移動。
会場に近づくにつれ、徐々に床が砂っぽくなってきます。
後でわかりますが、みんなが砂まみれで戻ってくるときに砂が落ちるようです。

 

会場では、屈強な(?)お兄さんたちがトンボのような木の道具で砂を手入れしています。
砂をいじる仕事なので、体力がいるのかもですね。

この会場は全天候型で屋根があり、その下には一面に黒っぽい砂が広がっています。
鹿児島の砂は黒いんだな……。

タイミングがよく空いていてすぐに案内され、あいている砂場に移動します。
このホテルの砂蒸し温泉の場合は、寝るところに木製のまくらが用意されており、まくら上にタオルを敷いて浴衣のまま寝っ転がります。

 

この時、男性と女性の連れがいる場合、砂場前の合流地点で一緒にいれば、並んで砂に埋まることができます。
ある意味混浴。

<スポンサーリンク>

 

さて、砂の地面はかたく締まった感じ。

寝る姿勢は、真上を向き、足先までまっすぐにのばし、手もぴったり体に寄り添わせます。
気を付けをした姿勢で寝る感じです。

寝っ転がるだけでも、地面からじわっと熱が伝わってきます。

お兄さんから「砂をかけている間は目をつぶるように」と注意事項があります。

 

いざ、砂をかけられます。
規則正しいリズムで、まずは左半身を足元から順に。
左側の首まで砂がかかったら、次は右半身。

この状態で完成版です。
このまま10分から15分たったら、自分の好きなタイミングで起き上がればOKとのこと。

時計は会場の柱のいたるところにあるので、自分で時間が確認可能です。

砂の重さがすごい!そして熱い!気持ちがいい!

全身に砂が乗ると、ものすごく重い。
若干湿った土がたっぷりのっているだから当然といえば当然で、ちょっと生き埋めのような感覚を味わって一瞬怖くなります。

 

更に熱い。
これを求めてくるんだから当たり前なんですが、下からの熱と、上に乗った砂の熱さとにサンドイッチされるのです。

 

重さと熱さ。
なんとも不思議な感覚です。今まで体験したことない……。
普通の温泉に入るのとは全然違います。

まんが「3月のライオン 12巻」で、電子レンジであっためた濡れふとんに包まれたよう、という表現がありましたが、確かにそれ!

引用:3月のライオン12巻P89 より

正しい表現。(3月のライオン12巻P89 より)

 

ただ、私の場合、始めてから1分もすると、慣れない不安や居心地の悪さなどはあっさりなくなりました。
それより、ずっしりした重さの安定感、ほかほかと温かいものに包まれる気持ちの良さのほうが勝ってきました。

あれ、これ、めちゃくちゃ気持ちいい……!!

徐々に全身から汗が噴出してくるのがわかります。
ただ流れる間もなく浴衣に汗が吸われるので、不快感は全然ありません。
顔から流れる汗はどうしようもないですが。

だんだん、ふわふわとした気持ちになってきました。
眠いのともちょっと違う、何とも言えない気持ちよさ。

 

私これ、15分と言わず、もっとやっていられる気がするわー。というかやっていたいわー。

<スポンサーリンク>

……と思いましたが、一応健康のため、最大でも15分程度を推奨しているそうなので、14分くらいで出ることにしました。

 

出るのもそのままでは起きられません。
まず手足をじわじわと動かして外に出し、手が動くようになったら体の上の砂を除けて脱出します。

体が軽い!
重力が元に戻ってきた感じ。
そして一気に涼しい!

 

脱出した後は、当然ですが、全身砂だらけ

砂蒸し温泉のサイトなどでは、上がった後もきれいさっぱりな美しいモデルさんがいますが、顎まで砂だらけです。
手足や首などの肌にもがっつりと砂が貼りついています。真っ黒です。
笑えます。

ここでまた男女別に分かれてから、浴衣を脱ぎます。
砂だらけの浴衣と帯を箱に入れて返し、専用の場所でシャワーを浴びて砂を流します。

そのあとは、普通の温泉につかって完了です。
めちゃめちゃさっぱりします。

砂蒸し温泉、もう一度やりたい!

砂蒸し温泉のあの感覚は、いままでどこでも感じたことがない気持ちの良さでした。
ちょっとこの感覚は、癖になる……!!

時間の都合で、1度しかやらなかったのですが、とても惜しいことをした気持ち。
やっぱりもう一度やってくればよかったなあ……。

次は海岸沿いでできるという、「波打ち際での砂浴」をやってみたい!
また鹿児島指宿に、温泉に行かねばならなくなりました。

遠いなー。
でも絶対また行きたい!!
1週間くらい泊まり込んで、砂蒸し湯治したいわー。

 

指宿温泉 砂むし会館  砂楽

砂むし温泉 > 温泉|指宿白水館 公式ホームページ | 鹿児島県 砂むし温泉

 

なんだか聖地巡礼っぽくなってた……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ