【糸島おやつ】海沿いカフェ「Lino Cafe」の手作りマフィンとスコーン。ザクザク&しっとりでおいしい!

こんにちは、つたちこです。
以前から気になっていた糸島の海沿いのカフェ、「Lino Cafe」でおやつを買ってきました。

Lino cafeに行ってきました

「Lino Cafe」があるのは、糸島市の志摩桜井という地域。
有名な夫婦岩がある二見ヶ浦から、少し西に行ったところにあります。

この辺りはたまに車やジョギングで通りかかるのですが、結構な率でお客さんで埋まっているカフェがあって気になっていたのです。
それが「Lino Cafe」。

巨大に見えるけど、横から見ると薄い、という不思議な建物…

この日は薄曇りでしたが、風は強め。
寒いし、観光客は少ないよなあ、と思いながら行ってみたら、結構広い駐車場がほぼ満車。まじか。

駐車場からも海が見える。

とりあえず端っこに停めて、お店に入ります。
おやつをテイクアウトして家で食べる作戦です。

いざ、中に入りますよ

入ってみると、外観もかわいらしかったけど、中もかわいい!
おしゃれなお店だー。

入口そばにガラスケースがあり、マフィンやスコーン、クッキーなどの焼き菓子が並びます。
そのほか、ドリンクやジェラートもあります。
お菓子類は手作りで、たまご、小麦粉、米粉などは糸島食材を使っているんだそうです。

この日は4種のお菓子がならんでました。
このほかにクッキーなどもありました。

外のポスターにはたくさんの種類のマフィンやスコーンが並んでましたが、この日は全部で4種類。
日によって作るのが違うのかもしれませんね。

というわけで、チョコレートマフィン、チョコレートスコーン、かぼちゃのスコーン、クルミとカレンツのスコーンの4種を1つずつもらいます。
どれも小ぶりなサイズで、130円~150円とお値段も手ごろ。
ついいろいろ食べたくなっちゃうやつですね。

もう少し気温が高かったら、絶対ジェラートも食べたんですが、何しろちょっと寒すぎました。

 

お店の中には、イートインスペースが結構あります。
窓際のカウンター席は、海が見える特等席。
これはいいですねえ。

私も海を見ながらのんびりお茶したい!

そして、奥は小上がり席になっていて、数人の方が靴を脱いでのんびりとおしゃべりしてました。
キッズスペースのようなコーナーもあるみたいなので、子どもが一緒でも楽しそうです。

可愛い雑貨コーナーも。

お店の方の接客もほんわかと優しくて、なんともあったかい感じのお店でした。
これはのんびりお茶したくなるはずです。

 

さて、買って帰ったマフィンとスコーン、早速おやつに食べました。

「食べるときに温めなおすとおいしいので、やり方入れておきますね!」と入れてくれた「温めなおし方」を読みます。
冷蔵の場合はオーブンで2~3分、冷凍の場合はアルミホイルに包んで5~6分焼く、とありました。

オーブンの代わりに、いつもトースター替わりにしている魚焼きグリルの弱火で焼きなおします。

2分ほど焼いてみると、甘くていい匂いがしてきました。
期待高まる。

おやつタイムである。

 

コーヒーとともに、おやつタイム。

クルミとカレンツのスコーンは、たっぷりのクルミで香ばしさアップ。
噛むたびにザクザクと入っています。
一番さっぱりしていたかもしれません。

チョコレートのスコーンは、生地にも中にもチョコ入りで、リッチな感じ。
しっとり感が強いです。

かぼちゃスコーンは、オレンジの色が濃いですが、ほんのりかぼちゃ味、という風味でした。
体によさそう。

チョコマフィンはマカダミアナッツがゴロゴロっと入っていて、食感が楽しい。
小さい手のひらサイズですが、上にぷっくり膨れているのがかわいいです。

どれも、表面はザクっとした軽い歯ごたえ、でも中はしっとりの、おいしいスコーンでした!
ああ、砂糖なしのホイップクリームとか、クロテッドクリームとかつけたい。

 

ごちそうさまでした。
平日にもかかわらずあの賑わい、というのがすごいな。
おいしいから、人気があるのもうなづけます。

お店の中から見える景色が最高なので、今度はゆっくりお店で景色と一緒に楽しみたいところ。
ジェラートも気になるので、もう少し暖かくなったら再訪してアイス食べたい!

Lino Cafe(リノカフェ)
福岡県糸島市志摩桜井4407
https://tabelog.com/fukuoka/A4009/A400901/40042928/

 

最近肉体を酷使しているので、おやつやごはんに癒しを求めがち。
甘いものはおいしいなあ……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ