【藤崎パン】「レ・フレール・ドゥ・パン」でおいしいパンをゲット。

こんにちは、つたちこです。
用事のついでに、おいしいパンやさんに行ってきましたよ。

今回行ったのは、福岡市営地下鉄 藤崎駅から約500mほど歩いたところにある、「レ・フレール・ドゥ・パン」(Les FRERES de PAIN)。
日本語にすると、「3兄弟のパンやさん」だそうで、実際に3兄弟で運営されているんだそうです。

遠目から見るとこんな感じ。

場所は、県道558号原通り沿い、弥生町の交差点の角にあります。
白壁に水色のドアが鮮やか。
2017年にオープンしたんだそうです。

3匹の子ぶたがかわいい。

訪れたのはお昼すぎでした。
中に入ると、店舗自体は大きくないですが、いろんなパンがずらり。
目移りするなあ。

ハード系パンが多くてどれもおいしそう!
でもフワフワパンや総菜系パンも気になる!

選び放題でテンパる。

奥には、大きなオーブンが並んでいて、お店の方がせっせとパン作りをしていらっしゃいました。

国産材料を多く使っていて、具材には糸島産の「つまんでご卵」なども使っているようです。

 

悩んだ結果、買える範囲でいろいろ買う。
パンやさんて、「せっかく来たから」と思うと、つい買いすぎてしまいますね……。

 

買ったのは、こんなラインナップ。

  • チーズフォンデュパン(ハード系)
  • 明太フランス(ハード系)
  • カレーパン(ソフト系)
  • クリームパン(ソフト系)
  • バタール(半分に切ってもらいました)
  • 珈琲とチョコのハードパン(限定品ぽい感じでした)

お昼と夜にかけて、食べてみましたよ。

 

左がチーズフォンデュパン。右が明太フランス。

一番特色があったのはチーズフォンデュパンでしょうか。
しっかり味のあるパンに、クリームチーズがたっぷり。そしてハムがちらりと入ってます。

ただのチーズパンだとチーズはかためのものが多いですが、このパンは、冷めていても中心のチーズがとろとろなのです。
クリームチーズを、さらに柔らかくしたような、ちょっと酸味のあるさわやかチーズがたっぷり。

そして表面には、こんがりぱりっと焼けたチーズの香りで、ダブルチーズ!
とてもおいしい。

 

明太フランスも、細長いタイプじゃなくて丸パンでした。
よく見かけるもののあまり食べたことがないんですが、これもおいしかった!

 

カレーパン!辛さはほどほど、サクサクでカレーたっぷり。

カレーパン、クリームパンは、おいしいものの「これじゃないと!」というほどでも……。

クリームパンのカスタードクリームはとても黄みが強くて、こだわり卵の色なのかもしれません。

 

夜に食べたバタールと、コーヒーとチョコのハードパンもおいしかった。

バタールはしっかり噛み応えがあるけど、かたすぎなくて、食べやすい。
もちっとした部分もおいしい。

パンメインの夕食。

珈琲とチョコのパンは、かなり甘さが強くて、食事に、というよりはデザート用みたいな感じ。

全体として、私の好みでは、ソフト系パンより、ハード系パンのほうがおいしいな! と思いました。

 

実は不定期に藤崎・室見あたりに行くことがあるのですが、いままであまり探索していなかったので、これからはいろいろうろついてみようと思います。
この辺り、商店が盛んで、結構お店もいっぱいあるのですね!

楽しみが増えました。

レ・フレール・ドゥ・パン(Les FRERES de PAIN)
福岡県福岡市早良区弥生2-1-1
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400203/40046345/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ