【糸島生活】麦とれんげの初夏の糸島

こんにちは、つたちこです。
桜が終わってから、また九大周りの大きな道路をジョギングしています。
そうすると、春の初めとはまた違った風景が見られるようになってきました。

 

このあたりの田んぼは、秋から春にかけて麦を育てているようです。
米と麦の二毛作をしているのが多いのにも驚き。
糸島は米も取れるけど、麦も取れる。
糸島産の麦を使ったパンやさんとかもありますね。

初夏の糸島風景
夕焼けの麦畑。

ここのところ、麦がよく実って色も金色になってきました。
麦秋ってやつですな。
風に波打つ様子が、とてもきれいです。

初夏の糸島風景
整然と並ぶ麦の穂なのであった。

 

<スポンサーリンク>

あと、田んぼの端っことかにれんげの花を見かけることが多くなりました。
れんげは、ちょっと特別な感じで大好きな花なのです。

小さいころ、たぶん同じようなゴールデンウイークの時期に、家族でれんげ畑(たぶん、休耕地とか、田植え前のたんぼとかだと思うのですが)に遊びに行って、日がな花冠を作ったり花束を作ったりして遊んだ、懐かしい思い出の花です。

初夏の糸島風景 れんげ
一面の、とはいかないのですが、たまに見かけるれんげ。

れんげって、シロツメクサとかとは違って、道路わきとかの雑草の中には咲いていないし、もちろん花屋さんにも売っていないし。
なぜか田んぼ周辺でしか見られないですよね。ちょっと貴重な存在。
実は種をまいているのかな……。

なので、東京ではめったに見られない花、だけどその小さい頃の思い出の花でもあり、見た目も色も形もとてもかわいい。なので大好き。

「糸島に引っ越して来たら、れんげが見られるかも」とひそかに期待していたので、よけい嬉しいのかもしれません。
田んぼにれんげを見つけるたびに「れんげだ、れんげだ」と騒ぐので、オットにはちょっと謎に思われていたようです(何度目かに理由を説明しました)。

 

そうそう、もうすぐ、あと10日ほどで、糸島に越してきて丸1年たつのです。
早いなー。あっという間だった気がします。

<スポンサーリンク>

この初夏の風景が、「初めて見る糸島」の最後になるかも?
いや、まだまだ知らない風景がたくさんあるに違いないです。発見していこう。

おまけ:リアル「ゼルダの伝説」

オットがswitchで「ゼルダの伝説」をプレイしています。

https://www.nintendo.co.jp/zelda/index.html

このゲーム、とてもリアルな映像がきれいなのです。
特に、草原の風景が、キラキラした草が風になびく様子が本当にきれい。見ていて飽きません。

糸島で牧草を育てている畑が結構あるのですが、この草がきらきらとして風に揺れる様子が、リアル「ゼルダの伝説」だ……! ってちょっと感動します。

ゼルダの伝説ごっこするのに最適な牧草地ですよ。

オットに「『ゼルダの伝説ごっこ』って草の中を走り回るところ、録画してあげようか?」と提案しましたが、却下されました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。