人形町で鴨肉三昧!「鴨屋SUN」でしっとりジューシーな鴨を食べました

こんにちは、つたちこです。
東京で、元同僚たちとご飯を食べに行きました。

予約してくれたのは、「鴨屋SUN」。
人形町と水天宮の間にある裏通りの小さな間口のお店。
その名の通り、鴨料理専門店。
鴨料理専門というのは珍しい。
しかも焼肉なんだそうです!

鴨屋SUN

人形町にある「鴨屋SUN」

 

予約した19時ごろに行った時は、テーブルは全て埋まってました。
テーブルは6卓ほどのこじんまりとしたお店ですが、これは人気があるのかしら。

早速乾杯! 
そしてメニューをじっくり拝見。見事に鴨料理ばかりです。
焼肉とありましたが、それ以外の一品料理や、焼いてくれるグリル料理もあるみたいです。

鴨屋SUN

ずらりと鴨料理がならびます。

鴨屋SUN

箸置きもちゃんと鴨!

鴨屋SUN

お通しは鴨の時雨煮とゆで卵でした。

 

まずは刺身の盛り合わせ。
周りは胸肉、中央にハツと砂肝。
新鮮なのでしょう。ぷりぷりして、脂が乗ってておいしい!

鴨屋SUN

鴨の刺身!3種盛りです。

 

こちらはクミン風味のラペ。
いつもわたしはラペを作るとき千切りにしてしまうのですが、リボン状もおしゃれ。
しっかり味が染みて、甘くて美味しかった。

鴨屋SUN

ひらひらしたニンジン。甘くておいしい。

 

いざ焼肉。こちらはレバー。

鴨屋SUN

焼く前のレバー。当然鴨である。

 

生でも食べられる鮮度だそうで、テーブルの炭火で軽く炙っていただきます。
トロッとしておいしい!

タレは白醤油、塩、わさびでした。
お好みで、とのことでしたが、白醤油がさっぱりした味でおいしかったです。

鴨屋SUN

鴨のベーコン。スモーキー!

鴨屋SUN

鴨レバーのコンフィ。しっとり。

 

そしてメインは胸肉のグリルをお願いしました!
塊を30分ほどかけて焼いてくれます。

鴨屋SUN

鴨胸肉かたまりグリル!外はカリカリ、中はしっとりです。

 

外の皮はこんがり。中はレアです。でもちゃんと中まであったまってます。
いい焼き具合!
肉汁が出ちゃうので、大きめに切って食べるのがおすすめとのこと。

いやー。やばい。
塊肉はおいしい。
こちらも味付けは、添えてあるわさびと塩のみ、というシンプルなものでしたが、それがいい!
鴨の甘い脂が引き立つ感じ……!

 

シメには肉寿司。
4種類も出てきた……!

鴨屋SUN

肉寿司。ご飯は小さめなので食べられてしまうんだな…

 

人数に合わせて数を調整していただきました。ケンカしないで済みます。
小ぶりのご飯なので、お腹いっぱいなのに食べてしまうのだった。

更にデザートも!
食べすぎだろう!

鴨屋SUN

白いのにコーヒー風味のブランマンジェ。

鴨屋SUN

鴨卵のプリン。すごいしっかりタイプ。好み!

 

めちゃくちゃおなか一杯になりました……。
でもどれもおいしかった!!!

よく食べよく飲みよくしゃべりました。

ごちそうさまでした。
ついついワインが進んでしまうおいしさでした。

 

鴨屋SUN

鴨屋SUN (人形町/焼肉)
鴨屋SUN (人形町/焼肉)★★★☆☆3.56 ■『近代食堂』にて特集していただきました。こだわりあいち鴨の新感覚鴨肉専門店 ■予算(夜):¥6,000~¥7,999
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ