歯医者嫌いからの変貌。5か月ぶりの歯医者の定期チェックで安心を買う

こんにちは、つたちこです。

みなさん、歯医者好きですか。
私はあまり好きではなかったです。昨年末まで。

歯、激突事件からの歯医者不信

もう3、4年前ですが、会社内ですっ転んだことがあります。
手に書類を持っていて、配線コードに足を引っかけました。
とっさに書類をかばって手が出せずに顔から床に転んで、前歯の右上を打ちました。
痛かった……。

多少唇が切れたものの、幸い歯が折れたりはしなかったのですが、じわじわ痛いので、翌日、会社近所の歯医者「K」に見てもらいました。

何度か見てもらった後、
「今のところ骨や歯は折れてなさそうだけど、レントゲンに映らない場合もあるんだよね。将来神経がダメになって中から膿んでくる可能性があるよ」
「今のうちにインプラントにしたら。前歯2本。セラミックなら白くてきれいな歯になれるし」
などと言われました。

「会社内で転んだので労災が下りるかも」という話をしたからなのかもしれませんが、その歯医者さんは、ものすごーく「中が腐る」可能性を強調し、高額なインプラント治療を勧めてきました

 

表立って折れたりなんだりしてないのに、そして将来腐るかどうかもまだわからないのに、自前の歯を抜くのはいやだー!!
と、その歯医者に通うこと自体が嫌になってしまい、行かなくなって数年。

「いつか歯茎が膿み腐るのかもしれない」という恐怖とともに過ごしてきました。

 

そして、去年末、なんだかじわじわ上の前歯あたりが痛くなってきたのです。
冷たい空気に触れるとちりちり痛い。

心なしか、前歯の色も最近暗くなっている気がする。
神経が死ぬと歯が黒くなるといいます。

 

いやー! まさかー!!

「あのK歯科の予言通り、中が腐ったのかもしれない……!?」

 

あわあわと、別の歯医者を探しました。
通いやすいよう会社のそばで、評判のいいところ……。

いろんな口コミを見て探して、行ってみたのは市ヶ谷駅から少し歩いたところにある歯医者「G」でした。

救世主、歯医者「G」

久しぶりの歯医者です。
ビビりながら行きました。

以前、前歯の上部を打ったことがあること、
その時「内部が化膿するかも」と言われたこと、
最近痛いこと、
神経が死んだせいなんじゃないかと歯の色が気になること、
などを訴えました。

若い先生でしたが、ふんふん、と私の訴えを聞いて、何枚かレントゲンを撮ってくれました。

 

そして、診断してもらった結果。

折れてないし、腐ってないですよ」

「痛いのはたぶん別の要因ですね、知覚過敏とか

「神経が死んでたら、歯はもっとどす黒くなります。この色は、着色汚れですね。コーヒーとかワインとか」

「クリーニングしたらキレイになりますよ」

という感じで、レントゲンを見ながら丁寧に説明してくれました。
「もし中がやばかったら、ここの色が違うはずなんです」とか、「その年数経っているなら、もし内部が膿んでたらとっくにひどいことになってるはず」とか。

 

なんだか数年来の心配事を一気に吹き飛ばしてもらいました。
「歯の着色汚れ」というのは、ちょっとお恥ずかしい話でしたが、歯石と同様、どうしても普通に磨いても取れない汚れがついてしまうんだそうです。
ステインというやつですね。

ここで、数回にわたって歯の汚れや歯石を一掃してもらい、ついでに見つかった小さな虫歯も直してもらい、ずっと抱えていた悩みごとがなくなってしまいました。
(前歯が痛いのはしばらく続きましたが、その後なくなりました。治療は特にしなかったので、精神的な問題だったのかもしれません)

 

それにしても最初に行った歯医者「K」はどんだけヤブ医者だったんだ。
セカンドオピニオン、めちゃくちゃ大事だ、と痛感しました。

福岡でも歯医者に通いたい

その私の救世主、歯医者「G」には、引っ越し直前の4月まで、チェックやクリーニングでお世話になりました。
ああ、ここに通えなくなるのが残念……とまで思うようになってました。

今更ながら、歯医者はマメに行くべきだ。
マメに通えば、ひどいことになる前に何とかしてくれる。

 

前の検査から5か月ほどたち、歯石が気になりだしたところで、いよいよ福岡でも歯医者に行くことにしました。

主に歯が痛くなったオットが探した歯医者さんの中から、うちから通いやすい歯医者さん「KW」に、視察がてら行ってみることに。
※オットのほうが症状は深刻だったので、クリーニング希望の私がクリニックの様子見に行きました。

私自身の結果としては、歯石と歯のクリーニングしてもらって、すごくすっきり! 快適!
歯と歯茎の健康チェックもしてもらって問題なし。
念のための確認に、一部レントゲン撮影も含め、3回で終了しました。

「割と状態いいので、次は半年後で大丈夫。でもなんかあったらすぐきてくださいね!」
という歯医者さんの言葉も心強い。
いい先生ぽくてよかった。

半年ごとにキレイにしてもらって快適になり、健康状態チェックもして安心がもらえるって素敵。

 

というわけで、歯医者嫌いがすっかり治り、むしろ積極的に定期通いしたい人へ変貌したのでした。
ああ、もっと早くからこうしていればよかった、と思わずにいられない。

80歳まで自身の歯を20本残すという運動(8020運動)ってまだあるのかな。
おいしいものをずっとおいしく食べ続けるためにも、それを目指したい。

次の定期チェックは4月ごろ。スケジュールに入れておかないと!

 

8020運動、ありました。

「8020(ハチマルニイマル)運動」とは?|8020運動|啓発活動|日本歯科医師会

歯ブラシは「イオン歯ブラシキスユー」を愛用しております。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ