花のあるうるおい生活【福岡編】第4弾:ハナトラノオは巨大穂紫蘇?

こんにちは、つたちこです。

久しぶりにお花を買ってきました。
あまりに暑いせいか、買ってもすぐに枯らしてしまいそうで、しばらく買っていませんでした。
あと、お花もあまりバリエーションがなく、菊などの仏花みたいなのが多いのです。お盆時期だからでしょうか。

とはいえ、せっかく継続しようとした花のある生活。
今回、「志摩の四季」という産直市場に寄ったついでに、久しぶりに買って飾りました。

今回のお花はこれ。
10本入りで180円でした。

ハナトラノオ

今回のお花はこちら。

なんていう花なのか、名前もわからず書いてもおらず。

帰ってから調べて判明しました。
「ハナトラノオ」
漢字で書くと「花虎の尾」、だそうです。

穂紫蘇(お刺身の薬味)みたいな形だなー、と思ったら、やはりシソ科でした。

ハナトラノオ

巨大穂紫蘇という感じ。

この薄紫の花、つぼみの部分先端までびっしり咲いたらすごい華やかになりそう。でも何となく涼やかなのは真夏に見ているからでしょうか。緑の細い葉っぱのせいでしょうか。
めっちゃ繁殖力が強いらしいです。

参考:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%AA

東京ではあまり見たことがなかったけど、気にしてなかっただけかなあ。

 

ところで買った翌日、この花の先端に、小さな芋虫発見。
活けたときには気が付かなかった……。
めっちゃ活動的だったんですが、花を食べられても困るので、ベランダから外に帰しました。

ハナトラノオ

この写真のどこかに潜んでいたわけです。

まだまだ暑い夏ですが、長持ちするといいなあ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ