【福岡赤坂ディナー】「どん蔵」で牛刺しを堪能!福岡はモツ鍋だけじゃない。おいしいモツ料理は裏道にあった

こんにちは、つたちこです。

福岡滞在5日目。なんかあっという間です。
この日は午前に仕事をした後、午後は天神をうろうろ。新生活に必要なものの偵察に来ました。
途中大雨が降ってきたりしましたが、ビル内で過ごしているうちにうまいタイミングで止んでいました。
気づけば19時前。おなかがすいてきたので、この日は天神でご飯を食べることにしました。

オットさんの同僚(福岡出身)から教えてもらったおいしいモツ鍋やがあるとのこと。
ほうほう。知人のおすすめはとても参考になるよね。ぜひ行きましょう。

場所は赤坂。
天神から地下鉄で一駅いったところにあるのですが、雨も降ってないし十分歩ける距離です。
念のためお店に電話して入れるか確認してから、とことこと歩いていきました。
しかし天神から赤坂にかけて、裏道を歩いているとおしゃれな服やさんや食べ物屋さんや雑貨屋さんなどなど、たくさんあって目移りします。
このへんは、のんびりいろいろ見てみたいなあ。

赤坂駅周辺まで歩いて行った裏手、え? ここ? という感じの細い道に、お目当てのお店「どん蔵」はありました。
これは、通りすがりには入らない(というか気づけない)お店です。

細い裏通りぞいにあるお店は、聞いてなかったら絶対見つからない感じ…。


入ったのは20時前でしたが、店内は私たちしかお客さんがいません。大丈夫? とちょっと心配になります。
フレンドリーな店主さんと奥さんとおぼしき女性がふたりで切り盛りしている様子。

<スポンサーリンク>

まずは生ビール! 歩き回って疲れていたので、冷たいビールがめっちゃおいしい。
ここに来たら、まずは頼んだほうがいいよー、と牛刺し盛り合わせを勧められます。
牛刺し! へー、確かにめずらしい。これはぜひ、とハーフサイズをお願いします。

あとはやっぱりモツ鍋か? と思いきや、こちらのウリは「焼きモツ」なんだそうです。
(もつ鍋もメニューにあるんですが)
ここでしか食べられない、と聞いては頼まないわけにいきません。おすすめの焼きモツをお願いします。

どこの人? 福岡は観光? と話しかけられたので、東京から移住のために物件探しです、と伝えると、福岡の「ここに住むべし」というお話をすごく丁寧にしてくれました。
糸島は田舎だから!! 気を付けて!! とも……。
ああ、そうですよねー。たしかに田舎ですね……。
「海辺はやめといたほうがいい! 風強いし、がらが悪い!」とも。
冬が大変みたいです。電車(JR)も風でよく止まるほどだとか。ほうほう。そうなんだ……。さすが日本海。

そうこう話をしているうちに、来ました、牛刺し!
朝引きの牛刺しで、めっちゃ新鮮だから! こんなの東京じゃ食べられないよ! とニコニコ出してくれました。
たしかにモモ肉とかの「牛たたき」は結構ありますが、刺身、しかも、ハツとタンとサガリ、センマイのモツ系を刺身にするってすごい。

牛モツの刺身盛り合わせ、って珍しい!つやつやです。


店主さん指定通り、タンとサガリはショウガと一緒に、ハツはワサビと一緒、センマイは特製ポン酢でいただきます。
おおお、おいしい!!
確かに新鮮なのでしょう、全然臭みがありません。
サガリはとろけるようだし、タンはこりこりしているし、ハツはさくっとした噛みごたえ。センマイも全然癖がなく、ポン酢でさっぱりと食べられておいしい。
こりゃ確かにめったに食べられない。うーん、おいしい。

焼きモツは、専用鍋で作るそうですが、一見ジンギスカン鍋にとても似ている。(盛り上がったところに穴が開いてるあたりも)
赤みそで和えたモツと玉ねぎ、にんにくの芽を一緒に焼いていきます。
焼くのは奥さんの役目です。
「焼けたから、どうぞー」との声に、早速熱々をいただきます。(焦って食べて写真を取り損ねた……)

濃いめのみそ味がおいしい。
いろんな種類のモツが入っているそうです。
いわゆるもつ鍋のモツは結構脂っこいイメージなんですが、ここのはあまり脂身が多くなく、胃もたれしません。
一緒に食べる玉ねぎとニンニクの芽もおいしい。

この辺から、お酒は日本酒に。
佐賀のお酒「鍋島」と、福岡のお酒「寒北斗」をいただきます。
300ccの小瓶に入ったものが出てきました。
これまたおいしい。お酒もつまみも進みます……。

<スポンサーリンク>

最初に鍋島、次に寒北斗をいただきました。鍋島おいしい。すごい好みでした。寒北斗はさっぱり系。


徐々にお客さんが続々と増えてきて、常連さんらしい人も多いみたいです。

さて、そのあとにモツの酢の物と海鮮チヂミをお願いしました。
酢の物はさっぱり。先ほどのモツ焼きのこってり感との対照がいいです。

海鮮チヂミは干しエビとにらがたっぷり入っていて、鉄板でパリパリに焼けたのが到着。
熱くてピリ辛、これまたおいしい。ビールとかハイボールとかによく合いそう。
いやでも日本酒でもおいしいですよ。

干しエビとにらがたっぷり。薄い生地でパリパリのチヂミ。


そして〆に、と頼んだ牛筋丼。
トロトロに煮込まれて、つゆだくのご飯の上にたっぷりのっています。
これ、ごはんだけど十分ツマミだ。
ちびちびと牛筋を食べながら、日本酒。うう、おいしいなあ。

卵ののった牛筋丼。とろとろに煮込まれた牛筋&つゆだくのご飯もおいしい。


すっかり酔っぱらってしまいました。
お勘定は、二人で9900円。
ああしまった、いい気持ちになってお酒飲みすぎたなあ……。
単価もけして安くない、ですが、でもどれもおいしくて、満足度高い。

あとお店の方のフレンドリーさも、好みはあるかもしれませんが、個人的には全然ウェルカムです。
いろんな地元情報を、忌憚なく教えてもらえてうれしかったです。
引っ越したらまた来てね! とか、常連さんも声をかけてきてくれて「またここで会えるかもね!」とか、知り合いがほとんどいない状況ではうれしい限りです。
こういう感じの飲み屋さんの交流、久しぶりだ。

また来たいなー。引っ越したら来るぞ!
ごちそうさまでした!! そして、のみすぎた!笑

どん蔵(食べログ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ