【市ヶ谷ランチ】「博多手打ちうどん 官兵衛」で牛モツ煮込みうどん。冬季限定と聞いたら頼まずにはいられなかった……

img_9857

こんにちは、つたちこです。

久しぶりに仕事に集中していたら、気づいたら14時半を回っていました。
あああ、もう食べに行けるところといったら、中華かインドカレーしかないか……。
ちょっと風邪気味だったこともあり、あんまりがっつりじゃないほうがいいなあ、と思ったのですが、別の選択肢、ありました。

「博多うどん 官兵衛」ですよ。あそこは昼休みなかったはず。

というわけで、久しぶりの博多うどんです。
官兵衛は、靖国通り沿い、靖国神社のはじっこあたりにあります。

行くとこの時間でも3割ほどお客さんが入っていました。最近ではすっかり人気のお店で定着した感があります。

 

いつも通りごぼ天かな……と思いながらメニューをみたら、なにやら以前とちょっと様子が違う。

<スポンサーリンク>

メニューが増えています。
釜たまうどん! わあ、こんなのなかった!

そしてその隣には「冬季限定メニュー」として3つほど並んでいます。
冬季限定……!!
その中でも「牛モツ煮込みうどん」。どっちも博多系メニューですが、合体させるかー。

気になったので、こちらをお願いします(1000円)
さっぱりがいい、といっていたのは誰だったか……。

 

しばし待つと、きました。
牛モツ煮込みとあったので、茶色系汁を想像していたのですが、白っぽい。
これは、いつもの薄い色の出汁でモツを煮込んだ的な感じでしょうか。
さっそくいただきます。

モツと長ネギとごぼうの入ったうどん。つゆの色は白め。

モツと長ネギとごぼうの入ったうどん。つゆの色は白め。

 

柚子胡椒が付いてきたので、たっぷりめにおわんの縁につけます。(少しずつつけて食べたい)

まずはスープ。
いつものおいしい出汁に、更に肉のコクがしっかり入ってます。モツなので脂分も多めです。
しかしおいしい。これは癖になるなあ。

うどんも食べますが、以前よりさらに柔らかくなったような気がします。
柔らかいんですが、プチプチ切れることもなく、しっかり伸びながらつながるのがすごい。おいしいです。

で、モツ。
これも柔らかくておいしい。うーん。もつ鍋食べたい。
一緒に長ネギの薄切り、あとゴボウのスライスも入っていました。このごぼうは、ごぼ天の中身ですね。
野菜とモツを一緒に、柚子胡椒をつけて食べると、これ最高のやつだ。わー、ビールほしくなる味!
おとなしくうどんと交互に食べましたけどね!

<スポンサーリンク>

 

ところで、ここで出されたゆず胡椒が、とてもマイルドで美味しかった。
家にある市販の柚子胡椒は結構辛みが強くて、ちょびっとつけるだけで十分なんですが、ここのは最初「効きが悪いな……」と感じるような感じで、逆にたっぷり目につけたらさわやかでおいしい。
特にこってりモツには欠かせないさわやかさでした。
絶対つけるべき。

あっという間に完食。うっかりつゆも全部飲み干すところでしたが、それは我慢しました。

 

ほんとに官兵衛が近所にできてくれてよかったー。
ごちそうさまでした! 
またくる!

 

博多うどん官兵衛(食べログ)

IMG_9016

以前の「博多手打ちうどん 官兵衛」の記事はこちら

【市ヶ谷ランチ】「博多手打ちうどん官兵衛」でごぼ天うどん+ちく天トッピング

【市ヶ谷ランチ】「博多手打ちうどん 官兵衛」でごぼ天うどん、とり天トッピング。「超立体ごぼ天」に進化していた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ