【自炊ランチ】若干あっさりのバターチキンカレーを作ったよ

こんにちは、つたちこです。
糸島も気温があがり、真夏日です。あっつー。

暑い日にはカレーが食べたくなります。暑くなくても食べるけど!

前に作ったバターチキンカレーがおいしかったのを思い出し、もう一度作りました。
今回は若干あっさりバージョンです。

バターチキンカレーのレシピ

参考にしたレシピはこちら。

シンプルな材料で手間なしでめちゃくちゃおいしいバターチキンカレー。
おいしいのだけど、バター・生クリームたっぷりのかなりこってりタイプで、中年の胃袋にはちょっときつめでした。

<スポンサーリンク>

というわけで、アレンジしました。
今回は約半量で作ってます。

基本材料はレシピ通りですが、生クリームの代わりに牛乳を同量に差し替えてみました。
脂肪分はバターで十分入ってるからね……。
あとトマトピュレの代わりにトマトペーストを大匙1入れてます。家にあるものを活用。

そして今回の野菜は、アスパラの代わりにズッキーニ1本です。1cm厚の輪切りでスタンバイ。

朝、鶏肉をマリネして、昼に調理します。
ここまで準備するとあとはかんたん。
フライパンにバター(たっぷり)を入れて火をつけ、マリネ液ごと鶏肉を入れたら中火で10分ほどじっくり焼きます。途中で1度ひっくり返しました。

家がインドカレーやさんみたいな匂いで満ちてきます。

10分で水分がほとんど飛んだ状態になったら、ズッキーニ、トマトピュレと生クリーム代わりの牛乳を入れて、蓋をして5分ほど弱火で煮込みます。
ちょっと水分少なく感じたので、途中で牛乳をもう少しプラスして、更に煮こみました。

あっさりめバターチキンカレーの完成

写真:若干あっさりのバターチキンカレーできました
バターチキンカレーできました。左上は途中で取り出したタンドリーチキン。

<スポンサーリンク>

出来ました。

牛乳にしたせいでバターとの親和性が弱かったのか、ちょっと「もろもろ」っとした感じが出てしまいました。
とろとろというよりは、さらっとしたところとバターが分離してしまっています。
油の一体感が弱いというか。

写真:若干あっさりのバターチキンカレー カレーソースのとろみは少な目です
前回のようなとろみにはならなかった。

気を取り直して、いただきます。
ああ、食べたら全然問題ない!
たしかに前回より少しあっさりめ、というか、こってり感が少なめというべきか。決して「あっさり」ではないですね、バターたっぷりなので。
分離しているのも、食べるとそこまで気になりません。

味は前回同様のおいしさ。
もう全然こっちで問題ないです。
これで生クリームを買う、っていう面倒さが一個減ってOKになりました。

ズッキーニも、短めの煮込みでサクサクした歯ごたえがあっておいしいです。

置き時間はかかるものの、作るの自体は全然手間がかからない、なのにとてもおいしい!
2度食べても安定のおいしさだったので、これはもう心の鉄板レシピに登録です。
ごちそうさまでした!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。