ジョギング用靴下、サイズが悩ましい

こんにちは、つたちこです。
ジョギング用靴下を新調しました。

愛用しているのはTabioのレーシングラン・プロ五本指
薄手ですが、指と足をしっかり包んでくれて気持ちがいいはき心地です。
「プロ」とあって上級モデルなんですが、私は汗かきのせいか、厚手だと熱がこもってしまって足が暑くてツライので、こちらのプロモデルを愛用してます。

ですが、サイズが悩ましい。


私は足が大きいのです。
ジョギングシューズのサイズは25.5cm。
レディースの型だと合わない(そもそもサイズがない)ことも多々あり、今履いているシューズもメンズデザインです。

いつも、靴下はS(23~25cm)を履いていたのですが、結構ぴっちりでした。
この商品、とても丈夫だと思うんですが、最終的に指に穴が開いてしまうことが多いです。
今回の場合は、小指と薬指の間が裂けてしまい、買い替えに至りました。

<スポンサーリンク>

新しく買うのにサイズ表を改めて見なおすと、Sは23~25cmで、Mは25~27cm。
25cmサイズの場合、どっちも使えることになります。
あまり疑問に思わず今までSを買ってましたが、私の足の場合、実はMのほうがよいのでは?
指にいつも穴が開いちゃうのは、上限ぎりぎりサイズをぎゅうぎゅうに履いているからでは?

というわけで、ためしに1足だけMサイズを買ってみることにしました。

写真:Tabio レーシングラン プロ 5本指

渋い。
ウェブ限定カラーで、表はグレーで、足裏の滑り止めが暗めの赤です。
どんな靴にも合いそうなグレーにしました。
最悪足に合わなかったらオットに履いてもらおう(夫もMサイズ)という魂胆です。

履いてみると、今までとは違う余裕が感じられます。
なるほどー、Mってこんな感じか。
いままでが「超ぴったりフィット」だったのに比べると、指先の長さにも余裕があるし足の甲のフィット具合もちょっとゆるめな気がする。

この余裕が、走るとどうなのか。

<スポンサーリンク>

さっそく履いて、何度か走ってみました。
悪くはないですが、気になる点がいくつかでました。

いつもと同様にひもを締めていたつもりなんですが、走るうちに足の甲が痛くなることがありました。
これは靴下が大きくなった分、布の分量が増えたせいなんだろうか。
ひもを緩めたら問題なかったので、引き続き履いていますが、あんまり緩めると今度は靴の密着度が下がってしまう。

今はのろのろで「家を出たらそれだけでえらい」というレベルでジョギングしているので構わないのですが、もうちょっと本気練習をするなら、紐の締め方で影響が出そう。
それとも今は夏で暑くて汗が大量だからとか、そういう影響もあるのかな。

もう一つは、密着感。
先ほども書きましたが、指先が微妙に余っています。
走るときは基本かかとを靴に合わせるので、指先が余る分には影響ないと思うんですが、いままでが超ぴったりだったのでちょっと気になる。

「使えない」わけではないけど「これが正しいのかわからない」って感じです。

もう一足、Sサイズの新しいのも買って、順に履き比べてみればいいのかな。
今はいいけど、もしフルを走るとなると、こういう小さな違和感が大きな事態につながりかねないので、なかなか悩ましいです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。