数十年ぶりの裁縫。カーテンのお直ししました

こんにちは、つたちこです。
家事の中で一番やらないのが、「裁縫」ではなかろうか。
ボタン付けくらいはさすがにしますが、縫物は全くと言っていいほどしません。

年代物の裁縫道具入れを見てほしい

縫物に縁がないので、私の裁縫道具は、中学・高校時代で止まったままです。
昭和遺産な感じの缶に入っています。
年代物で、いっそかわいい感じがします。

写真:昭和遺産な缶が裁縫道具入れです
意味の良くわからない英語の書いてある昭和の缶。
写真:昭和遺産な缶が裁縫道具入れです
当時流行っていた絵柄。一周回ってかわいい。AHOってなんだろう。
写真:年代物の裁縫道具入れ
中身も当然年代物である。ごちゃごちゃ。

豚のピンクッションはたしか従妹が作ってくれたもの。
さびてない針を探すのが難しかったです。

いつかはやらねば、のカーテン裾上げ(4年待ち)

さて、ずっと「いつかはやらねば」と思っていたことがあります。
それが、カーテンの裾上げです。

こちらのカーテンです。

写真:裾をひきずったカーテン

このカーテンは、IKEAで買ったもの(たしか)。
東京時代に使っていたもので、当時のマンションは窓がでかくてカーテンも長かった。

ですが引っ越し後の部屋には長かった……。
でも寒い時期には、足元の冷気を止めるのにカーテンが有効。
とりあえず寒さ対策優先、とずるずると引きずったまま使い、そのままになっていました。

裁縫をしない私なので、当然ですがミシンなどは持っていません。
裾上げテープを買うか、とも思いましたが、布が結構厚くて重いので、それに耐えられるのかしら? と手が伸びないでいました。

<スポンサーリンク>

ところが、昨日の断捨離欲アップの流れで「部屋を何とかしたい」気持ちが急に盛り上がりました。
いきなりだけど、今日はカーテンをなんとかする!!

はるか昔の記憶をもとに、裁縫をしますよ。

ひと冬越して裾が汚れているので、まずは洗濯機で洗いました。
その後、2時間ほど乾かしてから作業開始。

ちょうどテレビで落語をやっていたので、それを聞きながら裁縫します。
(耳からの情報で楽しめるのでちょうどよかった)

カーテンの裾上げをする

まずは、カーテンレールからの長さを計り、不要な部分の長さをチェック。
「62cm」もいらない部分がありました。
そりゃ、床に溜まるはずです。
そんな長さの定規がなかったので、メジャー(巻き尺)で測りながら作業を進めます。


いらない長さに合わせて折って、アイロンをかけます。
チャコペンなどという便利道具がないので、ダイレクトにアイロンの折り目でマークです。

そこからさらに5cmほどの縫い代を取って、またアイロンをかけます。
ここまででかなり疲労気味です。

2つめの折り目に沿って、ハサミでざざっと切っていきます。
ここは失敗が許されない……。

切り終わったら、縫い代を三つ折りにしてもう一度アイロンをかけます。
これで事前準備が完了。

ようやく糸と針の出番。
手持ちに木綿糸しかなかったのですが、これでひたすらまつり縫いしていきます。

窓の幅が2mくらい。
織り込んで1.5倍くらい布の長さがあるのかな……。
ちくちくとひたすら手縫いでやりました。

<スポンサーリンク>

最初は「こんなだっけ……?」と思いながらやってましたが、ずっとやってたらなんとなくコツをつかんできました。
ちょっと楽しくなってきた。

2時間ほどかけて、カーテン裾上げ、完了!

手縫いでカーテン裾上げできました

出来上がりがこちら!!

写真:手縫いでカーテン裾上げ完了しました

ちょっと引きずっているのは、あえて、です。
真冬の冷気遮断目的のカーテンなので、床を引きずらないと意味ないので。

縫い目は荒いですが、裾だからそんなに目立たないし、よしとします。

疲れた。
疲れたけど、でも見た目が変わってすっきりしたし、完成品があると達成感が半端ない。
よくやった! わたし!

手芸に気持ちはうごくか…?

今まで手芸系にはまったく食指が動かなかったのですが、実際やってみるとちょっと楽しい。
布を断つ感触とかも、なかなか気持ちがいい。

あとやっぱり「自分の手で、モノが完成する」っていうのがとても気持ちがいい。
難しい型とかは無理でも、簡単なものなら作れそうな気持ちになってきた。

明日もう一度やれ、といわれたらいやですが、1年に1回くらいなら手縫いでもやってもいい気もする。


とりあえず、今までずっと(4年も……)気になっていたカーテンの裾上げを完了!
これで「いつかやらねば、でも面倒くさい」の懸念事項が一つ減りました。
ほっとしました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。