断捨離の気持ちが盛り上がってきた


こんにちは、つたちこです。
気温が高くなる日が増えたせいか、体を動かしやすい気がします。
そのせいかわかりませんが、片付けたい欲が高まってきました。

断捨離したい欲、高まり中

しばらく前に、週に1度はちょっとずつ断捨離するぞ、と決めて少しずつやっていました。
ですが、昨年後半あたりから仕事がちょっと忙しくなり、その習慣が途切れました。


一度やらなくなると、そんなに忙しくなくてもやらなくなってしまう、ずぼら体質。
最低限やらねばならない掃除と違って、断捨離は「今日はまあいいや」って逃げても困らない。

ですが、ずっともやもやと抱えていた気持ちが、高まってきました。

すっきりしたい。
いらない荷物を減らして快適な空間にしたい。

とりあえず、今日は週一定例の掃除のあと、「捨てたいけど捨てにくい」と塊になっていたものを、小分けする作業をしました。一度に捨てるのは難しいが、小分けになってれば毎週のゴミの日に少しずつ一緒に捨てられるぞ。

写真:断捨離イメージ

ずっと置いてある段ボールなんとかしたい

<スポンサーリンク>

他にも気になるものはいろいろあります。


まず、東京からの引っ越し以来、開けずに置きっぱなしになっている段ボールがあります(3箱)。
もうすぐ4年たちます。
これもう、絶対いらないやつよね……。

私のものだけなら速攻で処分するんですが、オットのものも入っているのでそうもいかず。
オットの判断待ちです。

靴が一番悩ましい

玄関の靴箱には、私の靴がいろいろ入っています。
会社員時代は仕事で外出が多かったこともあり、一時は結構な数もあったし、いろんなデザインのものを持っていました。

引っ越しを機に、きれいなものと好きな靴だけ残したんですが、ぶっちゃけ全然履いてないのです。

外出が劇的に減ったのと、出かけるにしてもパンプス類を履いて出かけることがほとんどないっていう。
今、出かけるときはスニーカーがデフォルト、革靴履いてもヒールの低い歩きやすい靴しか履かない。

それでも、「何かあった時に履くものがない!」っていうのは困るので、シュッとした靴も残しておきたい。
でも「何か」ってなんだ? いつあるんだ?

さらに、着る服に合わせて、と考えると「1足のみ残す」っていうのも難しい。
そんな万能靴ないよー。

<スポンサーリンク>

ここは一番悩ましいエリアかもしれません。

大物、押し入れエリア

あとは押し入れ。
ここも結構カオスで、体積が大きいのをいいことに「とりあえず押し入れに」っていう荷物がとても多い。
結果、ごちゃごちゃといろんなものが積み重なって地層化してます。

下は地層でも、上の空間はがら空きだったり。
押し入れってほんとに使うのが難しい。

棚を入れるとか、突っ張り棒使うとか、うまく使いこなしたい押し入れ空間。

ですが棚を用意する前に、まずはいらないものの処分ですよ。
ホットカーペットも引っ越し以来使っていない。
「そのうち処分しよう」みたいな洋服も積んであったり。
(私の服があったので、これは今日判断して一部処分決定)

まずは断捨離習慣を復活させたい

いずれにしても、一度に全部やるのは無理だし疲れてしまう。
物を捨てるかどうかの判断を繰り返すのは、脳が疲れるそうです。
やっぱり週に1度、場所を定めてやっていくのがよさそう。

自分だけのものじゃないので、オットと一緒にやらないとです。
予定を入れるぞー。

Photo by Sarah Brown on Unsplash

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。