仕事で喜ばれるのがうれしいし、それが次にもつながるのがありがたい

こんにちは、つたちこです。
10月くらいからじわじわと進めていた新しいサイト制作が、ようやく公開しました。
公開はスタートライン、と思いつつ、公開できてほっとしています。

写真:花束イメージ

 

今回のクライアントさんは、これまでも他のウェブサイト制作で依頼をいただいていて、もうお付き合いも数年。
すでに結構仲良く仕事させていただいてる仲でした。

今回も、彼女の中に「こんな印象にしたい」「こんな人がターゲット」というのはありつつも、具体的な案はなく、ほぼまるっとおまかせ状態の依頼でした。

 

まるっとおまかせ案件。
「わかんないから、まかせる!」「適当にいいかんじに!」
という依頼は、諸刃の剣。
こちらペースで進められるように見えて、あとでトラブることが多いのも事実。

「それなら先に言ってよ!」「自分でももうちょっと考えてよ!」と思うクライアントさんもいますが、彼女の場合は芯が本当にしっかりしているので、ブレがない。
そこさえしっかり押さえていくことで、こちらの提案を基本受け入れてくれる、というレアケースです。

<スポンサーリンク>

いい意味で、「ウェブとか、全然分からないから任せる」といった通り、本当に任せてもらえるのです。
とてもありがたい。
(「任せる」といいつつ、始めたとたんにいろいろ口を出してくるのあるある……)

 

もちろんきちんと企画や構成、デザインの意図などの説明をします。
当然よくわからない人にもわかるような説明が求められます。

外部サービスやそもそものシステムの仕組みなど、ウェブのことが多少わかっている人ならしなくていい説明も必要。
「そうか、ここから説明しないとだめだった!」と思うときもあります。反省。
業界用語を使わずに説明するためには、自分もしっかり咀嚼して理解することが必要で、自分自身の振り返りにもなります。

あと、チャットツールでのやりとりが多いので、いかに理解しやすく文章化するか、の説明訓練にもなっています。

ウェブ制作という生業の中で、コミュニケーション能力を磨く訓練もさせてもらっている気がします。

 

途中彼女が忙しすぎて中断とか、商品を撮影しなおすことになったりとか、いろいろあり、時間はかかりましたが、それでもこちらはあまり苦になりませんでした。
(単純に待ち時間が多いっていうのもありますが)

「安心して任せられます」という言葉があったからかなーと思います。
信用されるってありがたい。

 

<スポンサーリンク>

できあがったものは、自画自賛ですが、とても素敵にできたと思う。
富裕層向け商品紹介サイトで、シンプルだけど上品な印象。上質感もある。
まあ私はディレクターなんで、私がデザインしたわけではないんですけど!

自分が「この商材だったら、こうあるべきでは」とほぼ思う通りに作れてうれしいし、彼女もとても気に入って満足してくれて、なにより。

まあ、ウェブサイトはあくまで販促ツールのひとつで、今回のサイトにもきちんと役割があるので、それが効くかどうかはこれからが本番なんですが。

 

さらに結果的に予定していた以上のお仕事をさせてもらい、売り上げ増にもつながった。
よし! ってガッツポーズですよ。

がばっと大口の仕事! っていうのとは違うんだけど、外部のウェブ相談役みたいな感じでいつも話がくるの、本当にありがたい。
こちらもその信頼にできるだけ応えて役に立ちたいと思う。

こういうやり取りができる、信頼してもらえるクライアントとつながれてるっていうのは、財産です。
仕事はできるだけ選り好みしたいなぁ……。
(若干沼にはまりそうな予感のする別案件も進行中なので、いつでも人生山あり谷ありです)

 

Photo by Annie Spratt on Unsplash

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。