もち麦生活、始めます

こんにちは、つたちこです。
体調が明確に悪いわけではないですが、最近大腸の具合というか、お通じが少ない。
端的にいうと、便秘気味です。

 

ヤクルトも飲んでいますがちゃんと継続してなくて、10本入りを買うと1週間くらい飲み続けて、なくなると次買うまで欠品中、というまだら買いです。
でもヤクルトもおなかが慣れてしまうのか、飲んでいてもあまり効かなくなってきています。困る。

運動もそこそこしているし、なんでうまくいかないんだ!

 

なるべく薬には頼りたくないので、他の方法を探ります。

食べるものが悪いのか?
食物繊維少ない?

と思っていた時に見かけたのが、「もち麦」でした。

もち麦には、β-グルカンという水溶性食物繊維が多く含まれていて、白米の約25倍だそうです。
玄米と比べても4倍と、かなりの食物繊維の多さが目立ちます。

参考:食べるだけで、勝手におなかがやせる!? 「もち麦」パワーに注目☆ | 【オレンジページnet】 – 暮らしのヒント&プロ料理家の簡単レシピがいっぱい!

もち麦を、1日に茶わん2杯食べれ、というのが上記ページにありました。
結構たくさん食べないといかんのだな……。

 

とりあえず、食物繊維が豊富という言葉にひかれて、買ってみました。

写真:もち麦を買ってきました

<スポンサーリンク>

1包50g入りで12本入っています。

写真:もち麦のパッケージと中身

食べ方は、白米と一緒に炊き込むか、そのままゆでて食べてもOKだそう。

 

まず、ゆでてみました。
沸騰したお湯で20分ほどゆでて、水洗いします。

写真:もち麦をゆでる

生の粒が、このくらいのサイズに膨らみました。

写真:ゆでたもち麦と生のもち麦

そのまま食べてみると、においも味もクセはほとんどなくて、ぷちぷちとした歯ごたえだけがある感じ。
これなら全然いけそう。

 

ゆでたもち麦は冷蔵庫で、2、3日持つそうです。
サラダにトッピングしてみたり、普通の白ご飯と一緒に食べてみたり、パスタのトッピングにしてみたり、キッシュの中に入れてみたり、とにかく何か食べるときにのせる、まぜる方式で初回50gを食べきりました。

 

ゆでもち麦でちょっと慣れたので、次は白ご飯と一緒に炊いてみました。

お米2合に対して、もち麦1包(50g)。
外袋に書いてあった方法です。

炊けた後、炊飯器を開けた瞬間のにおいが「いつもと違う!」と一瞬ビビりましたが、食べてみるとやはりほとんどクセを感じず、普通のごはんとして食べることができました。

2合プラスもち麦50gで、3合弱くらいのごはんになりました。
これが、もち麦初心者に推奨されている「30%もち麦ごはん」みたいです。たしかに食べやすい。

冷凍して問題ないそうなので、いつも通り冷凍ごはんとして、普段の食卓に使うことに。

 

で、期待している「もち麦の食物繊維効果」はあったのか? というと、正直まだそこまで実感できていません。
始めてまだ3日ほどだし、摂取量が少ないのかな。

<スポンサーリンク>

ゆでた分量で、1回あたり大匙1~2くらい……。全然足りてなさそう。

先ほどのページに、1日にもち麦2杯食べろって書いてありましたね。
そこまでは食べられてないです。

食物繊維が豊富とはいえ、「穀物」だと思うと、大量にとるのが気が引けてしまう。
かといって、お米を100%もち麦にする勇気も出ないのでした。
やっぱり白いお米はおいしい。

 

そんなことを思っていたら、まさに私のためのコンテンツか?! という記事が目に留まりました。
(もち麦のPR記事でした)

おうちごはんのマンネリを「もち麦」で解消! “食感が楽しい”リゾットの簡単レシピ|「マイナビウーマン」

なるほど、リゾット!
100%もち麦ですが、これはおいしそう。
今度作ってみよう。

 

リンクをたどると、私が買ったもち麦の会社のサイトでした。

スーパーにもたくさん置いてあったのですが、いま、キャンペーン中なのですね。
どうりで目に付くはずです。

 

さらにリンクをたどっていくと、もち麦のレシピ集がありました。
主食系からデザートまであってすごい。

レシピ一覧 | レシピ | はくばく

これは参考にさせてもらおうと思います。
まずは、ゆでもち麦を常備するところから。

ただ、私、こういうの飽きてしまいがちなんです。
体調を整えるためにも、せめて買った分(12包)は全部食べきるまで頑張ってみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ