体調崩してダウンしたときの冷凍ごはんのありがたみ。

こんにちは、つたちこです。
健康だけが取り柄のような私ですが、珍しく、体調を崩してしまいました。

症状としては頭痛、腹痛、発熱。
咳はありませんでした。
また、腹痛はあっても下痢・嘔吐などの症状もなく、ただひたすらおなかが痛くてむかむかと気持ちが悪いのです。
吐いたら楽になりそう、と思いつつも吐けない苦しさよ。

あと、なんかおかしいな? と思ってから重症化するまでがすごく短くて、夕方から夜にかけてがくんと悪くなりました。
普通の風邪っぽくないので、焦りました。

 

そしてオットも似た症状でほぼ同じ時期にダウン。

これはなんか悪いもの食べたか……!?
と思いましたが、それっぽい怪しいものは思い浮かびません。
その日は火を通したものばかり食べていたと思うのです。

もう一つあやしげなのは、数日前に行ったお店です。
お店の中に数人いたのですが、その中に咳をしていた人がいました。
その時は気にしてなかったのですが、なにかがうつった可能性はありか。

いやでも、あまりにもオットと同時発症すぎるので、やはり食べ物だろうか。
結局原因はわからずじまいです。

 

それにしても、「気持ちが悪くて眠れない」というのを久しぶりに体験しました。
横になっても、寝返りをうっても、姿勢を変えても、なででもさすっても、どうやっても気持ちが悪いのが収まらない。

<スポンサーリンク>

夜中、気持ち悪いのをこらえてようやく寝付いて、うとうととしてはすぐに起きてしまい、まだ2時か……まだ3時過ぎ……と時間が全然過ぎないのが絶望的な感じで、とてもつらかった。

こういう経験はすぐに忘れてしまいがちなので、つらい人がいたときにちゃんと思い出したい。

体調回復のために食事すべきなのはわかっているが食べられない…

ところで、症状悪化の時は、本当に食欲がなくなりました。
でも体調回復には何か食べるべき。
そして家にあるもので何とかしのがないといけない。
(オットもわたしも買い出しに行けない)

とりあえず前日に作ったシチューを温めなおして食べたのですが、超絶具合の悪いときで、私はよそった分の半分も食べられず。
だましだまし、あとひとくち、という感じで食べ進めていたのですが。

つらい。このこってり感。
普段はおいしくてぺろりなのに。

どうしても食べられないのです。これはかなり非常事態だ。
この私がよそわれた食べ物を残すなんて!

しかし、なにかしら食べないと治るものも治らないだろう、というわけで、今食べられるものを予想。
あれしかない。

 

というわけで、次の食事で作ったのがこれ。
白がゆです。

写真:白がゆに梅干し

こんな時でも写真を撮ってネタにする…

おかゆは、冷凍ごはんに水を足して鍋で煮ただけの超簡易的なものです。
これだけはおいしく食べられました。
梅干し、最高。

 

結局2日弱を寝て過ごし、だいぶ回復が見えてきました。
オットのほうが先に回復したので、買い出しに行ってくれました、ありがたや。

おかげで、今日は冷凍うどんをよく煮たものが食べられました。
すごいぞ、味のするものが食べられるまでに回復した。

体調不良で得た教訓!ごはんストックは大事!

<スポンサーリンク>

今回のことで教訓がいくつか。

  • 冷凍ごはん&うどんは、非常事態に備えて常に複数保存しておくべき
  • うめぼしも、同上
  • ポカリスエットも、同上(結局買わなかったけど)

これまで、二人暮らしで二人同時に激しくダウンしたことがなかったのです。
マラソンの時などは、あらかじめ予測できるので事前に対応策を取っておけますが、体調を崩して2人そろってダウン、というパターンをあまり想定していませんでした。

どっちも動けないので外部からの調達が難しい状況で、自宅にあるものでいかに簡単に食べやすいものを作れるか。
(袋ラーメンやカレーはあったけど、体が受け付ける状態ではなかったので……)

 

冷凍ごはんで作る白がゆは、食欲のないときには救世主のような存在でした。
唯一食べられるたべもの……!

 

ちゃんとしたおかゆを米から一から炊く気力もないし、時間もかかる。
でも冷凍ごはんがあれば、鍋でさっと煮るだけでOK。
しかもおいしくて体があったまる。

通常でも冷凍ごはんを温めて食べることはありますが、非常食としても、絶対に用意しておくべきですね。
今回身に沁みました。

うちでは冷凍庫に欠品しがちなので、気を付けてストックするようにしよう。

 

そしてなによりのおわび。
今回の体調不良で、予定していたイベントに行けなくなってしまいました。
誘ってくれたTさんに本当に申し訳ない気持ちです……。
完全回復したら、おいしいもの食べに行きましょう……!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ