【自炊】始末の料理、大根の皮のきんぴら。

こんにちは、つたちこです。
大好きだった朝ドラの一つが「ごちそうさん」です。
杏演ずる、東京生まれの「め以子」が、結婚して大阪のおかんとしてたくましく生きていく物語。

キーになるのが食事です。
西と東の食文化の違いに奮闘する姿がありました。
で、め以子が大阪に行ったばかりのころに出てきたキーワードが「始末の料理」でした。
無駄なく食材を使い切ることをさします。

私はそこまで意識してないですが、なるべくもったいないことはしたくないなーと考えながらご飯を作ります。

 

先日、産直で大根が安かったので買ってきました。
普段は皮ごと食べちゃうことも多いですが、今回作ったのは「鶏大根」。
煮ものの大根は、味を染みさせるためにも、しっかり皮をむきたい。

というわけで、結果、新鮮な大根の皮がたくさん出ました。
みずみずしいし、もったいないな、ととりあえず冷凍庫に入れて保存。

量が溜まったタイミングで、きんぴらにしてみました。

 

<スポンサーリンク>

「大根の皮のきんぴら」を教えてくれたのは、友人です。
私が「いつも皮がもったいないと思うんだけど~」と言ったら、簡単な始末料理を教えてくれたのでした。ありがたや。

 

作り方は簡単。
今回は皮を冷凍しておきましたが、干してもいいそうです。
(干すと、切り干し大根ぽくなります)

写真:大根の皮(冷凍)

大根の皮は、適当なサイズに切りそろえます。

写真:大根の皮を切る

フライパンにごま油を適当にしき、大根を炒めます。

写真:ごま油で大根の皮を炒める

油が回ったら砂糖、しょうゆで味付け。
今回は冷蔵庫に、年末に使ったすき焼きのたれが残っていたので、これを少したらしました。

<スポンサーリンク>

写真:大根の皮にすき焼きのたれで味をつける

味を見ながら調整し、水分がなくなるくらいまで炒めたら完成。

白ごまふったら、香ばしさもプラスされます。

写真:大根の皮のきんぴら 完成

 

地味ながらおいしい。
しゃきしゃきというよりは「ぽりぽり」とした歯ごたえ。
ちょっとたくあんを食べているような食感です。

写真:大根の皮のきんぴら

あまからの味付けは、つまみにもおかずにもなります。
箸休め的に小皿に出しておいたのですが、合間合間についつまんでしまう感じ。

大根約1本分の皮を使ってたっぷりできたので、作り置きおかずになりました。
しばらくは楽しめそうです。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。