【床キズ防止】椅子に靴下をはかせてみた

こんにちは、つたちこです。
うちのダイニングテーブルにつかっているイス、イームズチェアのジェネリック製品です。
安くてお洒落に見えるでおなじみ。
足はこげ茶の木製です。

ただ、足の先は結構かたくて、床が傷つきそう。
買った当初から、足の裏にフェルトのシールタイプのクッションを丸く切って貼り付けていました。
これだとフェルトは視界に入りません。

でもこのフェルトが、貼っても貼ってもすぐにはがれちゃうのです。
座るときに椅子を引きずるのが多いからか。
床板の目にぶつかりやすいからか。

いつも同じ場所に座っているので、床が傷みそうだし、キズをつけると出ていくときが面倒だし、何とかしたい。
オットが足につけるキャップなどを探しました。

シリコン製の足先につけるキャップと悩んで、選んだのは靴下タイプ。その名も「チェアソックス」というそうです。
シリコン製キャップをやめた理由は「取れやすいというクチコミが多かったから」だそうです。
まあ、こげ茶色なら、椅子の足の色とも似ているし、そんなに目立たないかもね……。

買ったのはこちら。

注文して、数日で届きました。
何やら大量に見えますが、靴下4本入りが5セット入っています。
5脚分ですね。

写真:チェアソックスが届きました

取り出すとこんな感じ。

写真:チェアソックス

指にはめてみると、思った以上のフィット感があってビックリしました。これは、ずれなさそう。
ひっくり返してみると、内側には滑り止めらしいシリコンが筋状にありました。
なるほど、これが靴下が脱げないようにする工夫なんですね。

写真:チェアソックスをひっくり返してみたらシリコンが塗られています

靴下の先っぽは特に何もありません。
まあ、床を滑らせたいからいいのか。

さっそくイスの足に装着。スムーズにはめられました

写真:チェアソックスをはめたところ

……。
なんか……ファンシーですね。
靴下の口の部分がひらひらとフリル状になっていて、急にファンシー感がでます。
うーん。どうなのこれは。

<スポンサーリンク>

イスをテーブルに置いてみる。

写真:チェアソックスをはいたイスをテーブルに置く

遠目で観たら、そんなに気にならないかな……。
「靴下はかせてる」って知ってるから、気になるのかな。
来客なんて年に数えるほどしか来ないし、人の目というよりは自分たちが気にするかどうか、ですね。

とりあえず、これで床が傷つきそう問題は大丈夫。
うちにはダイニングに2脚しかイスがないので、万一使ってて穴が空いたりしても、スペアがいっぱいあります。

そのうちなじんで、まったく視界に入らなくなりそう。
で、めったに来ないお客さんに指摘されて、ぎょっとするパターンが目に浮かぶのだった。

やっぱり、こっちの方が目立たたなかったな……?

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。