汗かきジョギングのおまけ効果

こんにちは、つたちこです。
まったく自慢になりませんが、肌には自信がありません。
十代のころから現在にまで引き続く、コンプレックスの源です。

具体的には、目立つ毛穴、色黒、ニキビ跡、などなど。
年取ってからはシミも追加されましたね!!! うわーん!

「色白もち肌」は永遠の憧れであり羨望の的であります。
昔から、何度顔の皮を引っぺがして腹の皮を移植したいと願ったことか。
(なぜかおなかの皮はきれいです)

 

だから、美容関係は最初からあきらめが入っているっていうか。
私が何をどうやっても一生「色白もち肌」にはなれない。

もちろん若いころはいろいろあがいてましたよ。
ちょっと高い化粧品をひとそろえして使ってみたり、エステに行ったこともありました。
結果、全然だめである。
そのうち諦めが勝ちました。

写真:顔イメージ

<スポンサーリンク>

 

そんなわけで、肌に関してはかなりあきらめが強いのですが、そんな肌でもさらに波があります。
女性ならあるあるではないかと思うのですが、触った時に、肌のざらつきが強い日とそうでもない日があります。
特にあごや、えらあたりの輪郭近辺。
ざらつきのひどい日はもう、本当に憂鬱になります。

ところが、汗だくでジョギングをしたあとシャワーを浴びると、ものすごくするするになるのです。
自分でもビックリするくらい変わります。
あご周りだけじゃなくて、鼻やおでこも。
「え、私の肌すべすべ?!」みたいになる。

これは触覚だけで、鏡で見ても見た目は大きく変わらないのが悲しいところなんですが、それでもさわりごこちがよくなると、自分が嬉しい。
エステよりお手軽。

 

ただこれ、長持ちしません。
24時間後くらいには、またちょっとざらつきが出てくる(私の場合ですが)。
元がイマイチだと効果もイマイチなの……?

でも暑い中、全身汗だくで走ること自体もストレス解消になるし、さらに一瞬でも気持ちのいい肌になれるのは、結構嬉しい。
冬場に走っても(汗もかくけど)ここまで思わないから、やっぱり夏場の滝のような大汗が大事なんだろうな。
大汗かくと老廃物とか出ていくのかな?

もともと肌がきれいな人がジョギングして汗をかいたら、もっときれいになっちゃうのでは。

 

<スポンサーリンク>

と、ここまで書いてはっと気づきました。

もしかして、今の状態は「走っているからこの状態」であって、走って汗かいていなかったらもっと悪くなってるんじゃなかろうか。
本来(走ってなかったら)もっとひどくなっていたはずのものが、ここで踏みとどまっている、みたいな。

逃げようもなく、年取るほどに、どんどん衰えていく肉体。
習慣的に運動してるからなんとか保っているものがある、ような気がしてきた。
運動すると成長ホルモンでるっていいますしね。

 

というわけで、肌も体も、少なくとも私にとっては運動が大事だな、と再確認しました。
今日も夕方までざらつきが気になってたあご周りも、先ほど行ってきた夜の汗だくジョギングでまたしてもリフレッシュ。

これの繰り返しでなんとか長持ちしてほしい、私の身体。

 

Photo by Zulmaury Saavedra on Unsplash

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ