スーパーのBGMはいつもオフィシャル髭男dismがかかっている

こんにちは、つたちこです。
いつも買い物に行くスーパーがあります。
週のうち5日は行く、くらいの頻度で通っているんですが、そのお店ではジャパニーズポップがBGMでいつもかかっています。
おそらく有線放送。

最近は「オフィシャル髭男dism」のかかり率が高いです。
行くタイミングはまちまちなのにもかかわらず、いつも「またかかってるな」と思う。
JPOPに疎い私ですら、「あ、またオフィシャル髭男dismだ」と覚えるくらいなので、かなりの頻度でオフィシャル髭男dismの曲が流れているのでしょう。
今日なんて、2曲連続でかかってました。

 

オフィシャル髭男dismに罪はありませんが、たぶん、レジに入っていたりしたら毎日、毎時間同じ曲を聞いていたら、耳にタコで勘弁してくれー!! ってなりそう。
(経験から、有線は大体1時間クールで同じ曲を繰り返してることが多いです。その合間にリクエスト曲が挟まる感じ)

 

<スポンサーリンク>

というのも、似たような経験があるからです
ウェブ系の仕事に就く前、派遣社員として学習塾のテキストを作る制作会社に行っていたことがありました。

マンションの一室がオフィスで、7~8人の社員さんがぎっしりデスクを並べていました。
そのオフィスが、BGMに常時流していたのが有線放送、そしてJPOPチャンネルでした。しかも結構音量大きい。

最初はいいんです。おお、最近の曲が覚えられるな、くらいな気持ちでした。
でも毎日毎日同じような曲が1時間単位で繰り返される日々。
ちょっと地獄のようでしたよ。

もうAIKOの「カブトムシ」は聞き飽きたよー!!!!

派遣社員という立場もあり、気の弱い私は「集中できないんで有線切って下さい」「せめてチャンネル変えていいですか」と言えない。

この環境、誰も異議を唱えないのだろうか、と様子をうかがっていましたが、徐々に分かったのは、どうやらそのオフィスの裏ボスのような人がチャンネル権を握っていること。
これは誰も逆らえない……。

約1年、その派遣先でJPOPを聞きすぎました。

<スポンサーリンク>

 

他にも、学生時代の東京ドームの売店バイトでは、ジャイアンツの応援歌(メインのやつと各選手のもの)を聞きすぎましたし、ファミマのバイトでもJPOPを死ぬほど聞きました。

だから、わかる。
あのスーパーで仕事したら、ぜったいオフィシャル髭男dismを嫌いになるパターンだ。

そう考えると、よく見かける、長く勤めているレジの方たちの忍耐力に尊敬しかありません……。

AIKOにも髭男にも罪はありませんが、なにごともほどほどがいいようです。
有線の番組を作っている人たちは、ぜひ曲ローテーションをもうちょい長め(せめて2時間おきとか……)に設定してほしい。

騒音っていうのともちょっと違いますが、同じ音楽を延々聞かされるのは結構苦痛なものです。
(仕事中は無音派です)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ