ランニング:2020年6月の練習まとめ

こんにちは、つたちこです。
この記事タイトルつけるの、1月以来5か月ぶり!
足の故障で走らなくなってから早5か月、やっと再始動しました。

故障から再開まで4か月

故障したのは、2020年1月末。
2019年12月から始めた「限界突破マラソン練習帳」にそった結構ヘビーな練習を2か月くらい続けたところ、1月末に突然足に激痛が走り練習中断。
ドクターストップがかかり、以後ずっと安静。
足に負荷をかけないように気をつけながら、筋トレ代わりの「リングフィットアドベンチャー」はしていたものの、有酸素運動ゼロの状態が続いていました。

結局、全治3か月といわれたものを4か月もじっとしてしまいました。

 

再開した日は、結構ビビってました。
また足が痛くなったらどうしよう?
おそるおそる走りましたが、痛みも出ず、無事に終了。

といっても、走ったのは3km弱。
もともとそんな速くないですが、スピードも全然でないし、スタミナもなし。
もう完全にゼロベースに戻ってしまった。

<スポンサーリンク>

でもまあ、再開できたことを喜びつつ、ふたたびジョギングのある日常に戻ってきました。

写真:福岡糸島の水田の風景
感染拡大防止の気持ちから、なるべくひと気のない道を選んで走っています。
今まで走ったことのない道をうろうろと走るのも楽しい。

6月の練習振り返り

そんなわけで、雨の日以外は大体毎日走りました。
梅雨に入ったので、再開にはちょっと不向きな季節かなと思いましたが、意外と降らない日(あるいは夕方雨が上がる日)が多くて、回数は増えました。

6月の練習結果

走行回数 21回
走行距離 74.1km
平均距離 3.5km

週5日ペースでした。

1週目は1kmあたり7分~7分半くらいのタイム。
3kmも走るといっぱいいっぱいです。全身筋肉痛。

一時期は、5分半ペースで40km走ろうとしていた体力を持っていたのに……!
と、つい過去の栄光(?)を思い出してどんよりしました。

でもしばらく走ると、のろくても距離が短くても、走ると気持ちがいいのが先に立ってきます。
暑くて汗だくですけど、そこがまたいい。夏のジョギングならではです。
あまりの滝汗で、人には見られたくない姿になります。

仕事のストレス発散にもなるし、やっぱりジョギングはいいなあ。
ついでに、体調も整いました。

6月の後半には、ようやく6分台のペースで5kmくらい走れるようになりました。
それでもだいぶゆっくりペースですが、暑いしケガの後だし、無理せず楽しんで走っています。

<スポンサーリンク>

 

走った後のご褒美買い食い「パピコ」も、やってしまった……。
これは真夏の走った後についやってしまうご褒美なんですが、最高においしいです。
(ご褒美もらうほど頑張って走ってないですけどいいのだ!)

リングフィットアドベンチャーがほこりをかぶっている

一方、一時は毎日のようにやっていた「リングフィットアドベンチャー」は1回もやりませんでした。

最初は、ジョギングをベースに、走らない日はリングフィットアドベンチャーやろう、と思っていたのです。
でも、結果として結構な率でほぼ毎日走ったので、走らない日は休息日になってしまいました。

せっかくリングフィットも継続してレベルアップしてたのに……!
やること自体は飽きてなかったのですが、結局「なんかしら運動したかった」のが全部ジョギングに置き換わってしまったようです。

でもせっかく持っているから、筋トレもしたい気持ち。貧乏性。
体幹鍛えたいのは変わってないのです。
あと肩こりにもリングフィットアドベンチャーが効くので、やっぱりどうにかして続けよう。

7月もぼちぼち無理なくがんばります

7月もますます暑いですが、のんびりジョギングを楽しみます。
なんだか、始めたころの「無理せず走るのって楽しいな」の気持ちを思い出してます。
冬ごろには、3kmなんて短距離すぎ! スピード練習前のカラダあっためる距離! といっぱしのアスリート的に思っていたんですけど、いまはこのくらいの軽さが無理なくてとてもいいです。

こんな調子じゃレースに出るなんて無理だーとも思いますが、コロナ禍の影響で、レースに出られるのもいつのことかわかりませんしね。
無理せずゆっくりまた体を育てたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ