佐賀・熊の川温泉「湯泉郷 温泉館 湯招花」たっぷりの温泉で疲労回復!ゆったりできました。

こんにちは、つたちこです。
日曜日に参加した「富士しゃくなげ湖ハーフマラソン」の完走後のラッキー賞で、オットが「温泉利用券」をあてました。やったー!

中を見てみると、利用券が使えるのは富士町内の熊の川温泉「湯泉郷 温泉館 湯招花(とうしょうか)」という日帰り温泉施設。
湯の字が多い。

同じ場所で、マラソン参加者全員にもらえる「500円券」も使えます。
つまり、オットは無料で、私も500円引きで利用できるのです。

ぜひ行って疲れを癒そう! と車を走らせました。

「湯泉郷 温泉館 湯招花」への行き方

湯泉郷 温泉館 湯招花は、佐賀県の富士町内にあります。

福岡市内からだと、三瀬トンネル経由で約60分の距離。
マラソン大会の会場からは、車で15分ほど。約13km離れています。

 

紅葉した景色を見ながら、熊の川温泉にたどり着きました。
この辺りは温泉郷というだけあって、何件かの温泉宿が連なっています。

湯招花の通常利用料金は大人1200円でした。

いろんなお風呂でじっくりゆったり

ちょうど紅葉が盛りでした。
思わぬところで紅葉狩り気分を味わえます。

写真:佐賀熊の川温泉 湯招花への案内

建物に入ると、受付があります。

写真:佐賀熊の川温泉 湯招花 入口

<スポンサーリンク>

清潔感のあるロビー。
タオルは入浴料についていませんので、必要ならフロントで有料で借ります。
今回は持参したものを使いました。

写真:佐賀熊の川温泉 湯招花のフロント

 

階段を降りてお風呂に向かいます。
ここでオットとわかれ、それぞれお風呂タイム。

ロッカーはちゃんと鍵がかかるタイプで、安心して荷物を置けます。
さっそく入ります。

洗い場の数も多く、シャンプー、コンディショナー、ボディソープがあります。
シャワーの水量もたっぷりで、ストレスなし。

マラソンでたっぷりかいた汗を洗い流したら、いざお風呂へ!
室内のお風呂は、4つに分かれており、それぞれ温度が違うようです。
最初に入ったぬる湯は、疲れた体にじわじわしみる感じ。熱くないので、ゆっくり浸かれます。
匂いはほとんどなく、癖のないお湯でした。

そのほかの湯舟は、高めのお湯が2つに水風呂が1つ。
サウナとスチームサウナもありましたが、今回は利用しませんでした。

そこそこお客さんはいたのですが、大きなお風呂に1人きり、あるいはもう一人いるかどうか、くらいの混雑具合でした。
思う存分のんびりできます。

そして露天風呂!
露天風呂は、さらにぬる湯でした。
いくらでも入っていられるタイプのお風呂です。

秋の空気がひんやりとして気持ちがいいし、植栽も紅葉していてとてもきれい。
あー、友達と一緒に入って、お風呂につかりながらひたすらだらだらおしゃべりしたい。

外には打たせ湯もありました。

極楽ごくらく。
ぼんやりとお湯に浸かっていると、さっきまでの足の痛みも忘れてしまいそうです。

あんまり長湯しすぎても湯あたりしそうなので、何度か温度違いのお湯に浸かってから、出ました。

写真:佐賀熊の川温泉 湯招花の紅葉

 

温泉の写真は撮れないので、公式サイトのギャラリーをどうぞ。
清潔感もあって、広くてとてもよかったですよ!

GALLERY | 湯泉郷 温泉館 湯招花 – 佐賀 熊の川温泉

 

<スポンサーリンク>

身支度を整えます。
ドライヤーは3台、鏡付きの洗面所の数は3か所ほどと、ちょっと少な目でした。

 

利用した日は日曜午後だったせいか、家族づれのお客さんが多かったです。
女性用では、ランナーらしき人はほとんど見かけませんでした。
みんな別のところに行ったのかな。

 

お風呂上りには、無料で使えるお座敷で休んで、冷たい温泉水をいただきました。
のどが渇いていたのでとてもおいしい。

このまま畳の上でごろんと昼寝でもしたいところですが、しばらく休憩してから帰ることにしました。

今回は使いませんでしたが、小さなレストランもあり、ランチやおやつも食べられます。
いくらでもいられちゃうなあ。

 

利用料1200円で、他より高めです。
もしマラソン大会で配布された「500円券」だけだったら、この温泉は選ばなかったかもしれません。
素敵な温泉を使うチャンスがもらえてよかった!

この辺り、古湯温泉・熊の川温泉のどちらも、思った以上にたくさんの温泉宿があるので、また機会を見て入りに来たい。
安いところだと500円くらいで日帰り温泉が入れるようです。
新たな楽しみができそう。

 

湯泉郷 温泉館 湯招花(とうしょうか)
佐賀県佐賀市富士町大字上熊の川180-1

湯泉郷 温泉館 湯招花 – 佐賀 熊の川温泉

 

富士しゃくなげ湖ハーフマラソン2019のレースレポートはこちら。

https://tsutachi.co/blog/2019/11/fujisyakunageko-marathon2019/

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。