毎日書く雑記ブログが、だれかの助けになるときもある

こんにちは、つたちこです。
ブログをやっていてうれしいことは、「少しは見てくれた人の役に立ってるのかな?」と思えるところです。

とはいえ普段は、直接そんな声を聴く機会もほぼないですし、せいぜいアクセス解析でアクセスの多いページをチェックする程度です。

 

わたしもブログ書きの端くれとして(?)、一応エゴサーチをしています。
自分でいちいちやるのは面倒なので、Twitter上でこのブログのドメイン(tsutachi.co)が書かれたツイートがあると、知らせる仕組みを作っています。
(IFTTTでチャットワークと連携しています)

たまに連絡がくるエゴサーチ結果を見て、ほほう、こういう風に伝わったりするのね、と感心しています。

写真:ブログ更新イメージ

 

<スポンサーリンク>

そんなある日、こんなツイートがエゴサーチ結果連絡に入りました。

なんだろう? と、元ツイートを少し追いかけてみると、どうやらトイレに閉じ込められてしまった方への、ヘルプのツイートだったようです。
書かれていたURLは、私が書いた、閉じ込められた時の脱出方法の記事です。

ドアノブが開かない!壊れた時の脱出方法
ドアノブが空回りしてしまって開かない!閉じ込められた!過去2回、実際に閉じ込められた私が、何とかドアを開けて脱出したときの方法です。 ドアの外と中に人がいれば、何とかなります。ドアノブを壊さずに脱可能です。

私が該当ツイートを見つけたときには、すでに閉じ込められていた方は脱出完了していて無事でした。
さらにこんなうれしい声も。

 

あの記事を書いたのは2019年4月でしたが、私自身の「ドアノブが壊れて、そこから脱出した経験」は、もう何年か前の出来事です。
たしか2015年とか。もっと前かも。

<スポンサーリンク>

「そういえば、あの時の困った出来事と解決した話をまだ書いてなかったから、書いておくか」くらいの気持ちでした。

 

「ドアノブが壊れて閉じ込められた」経験をした人は、私のまわりではほとんど聞いたことがありません。
(ネットではたまに見かけますが)
さらに経験者であっても、それをウェブ上に体験として残している人もそれほど多くない。

そんなトラブル突破した経験談が、ほかの方のトラブルに活かされているのを目の当たりにして、ちょっと感動してしまいました。
「ひもを使って開けられた経験」が、役に立ってよかった。

 

毎日ブログを書いていると、今日はちょっと雑だったな……と反省することや、時には無理やりネタをひねり出すことも結構あります。
このネタ、読む人的にどうなのよ? と思う時も。

まったくあたらない(読まれない)記事も多いですが、今回のように思わぬところでスマッシュヒットする記事もあったりするのが、面白い。
数うちゃ当たる方式とも言えますが、これが「自分的に面白いネタがあるときだけ書くブログ」のとの違いなのかな。
自分がまったく予想してなかった反応が返ってくる可能性があるのが、毎日更新ブログのよろこびなのかもしれません。

これからもマイペースで毎日書いていきますよー。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ