ウエストゴムスカートの魅力と無駄な抵抗と私のかけた呪い

こんにちは、つたちこです。
ファッション関係は非常に疎い私ですが、1つ気付いたことがあります。

最近、ウエストゴム製品の受け入れ率が高い。

 

女子の服に限った話ですが、「ウエスト総ゴム」あるいは、「前はベルト芯だけど背中側はゴム」などのスカートやパンツ、以前に比べてとても多くないですか?

いや、正確にはおばちゃん向け製品や子供服には以前から多くありました。
でも若い女子の服は、ウエストゴム製品、少なかったはず!

 

少なくとも私が一番洋服を買っていたころには、ウエストゴム製品はそれほど見なかった。

そして私自身も、「ウエストゴム製品を買ったら負け」だと思っていました。
きちんとタックやダーツの入ってぴったりとフィットする「のびないウエスト」のスカートやパンツを履くのをよしとしていました。

 

なんていうか、そのゴム入りのゆるさや便利さは、妙齢の女子としていかがなものか、みたいな気持ちがあったのです。

きっちりウエストサイズが決まった服を着ていること。
それが着られる体型を保つこと。

それらが、「外に出るときの自分ルール」みたいに思ってました。

<スポンサーリンク>

 

もちろん、そのルールに縛られるが故の醜さもあります。

太ってしまい、ウエストがはいらないのを無理やり着るつらさ。
シャツをインして着てウエストを見せることへの抵抗感から、緩いトップスを着てはみ出たウエストの肉を見せないようにしていたり。

それ、ウエストゴム以上にかっこ悪いかも。

それでもウエストゴム製品を買うのは、なんだかとても抵抗がありました。

 

そんな時代を経て、すっかりおばちゃん年齢になった今現在。

ウエストゴムの洋服をよく見かけます。
しかも若い子用の服で。

町を歩いていると、ウエストゴムのスカートやパンツをはいた若い女性を多く見かけます。
福岡はおしゃれな女子がとても多いのです。
天神などの大都会、おしゃれな店が並ぶ街の中、見た目もおしゃれな女子たちが堂々とウエストゴム製品を着ている!

そして若い女性たちは、それを隠そうとしないのですよね。
どうどうと、総ウエストゴムのスカートを、パンツを、履いて闊歩している。

 

ウエストゴムの服は、履きやすいし、ご飯を食べておなか一杯になっても大丈夫だし、サイズの融通が利くので体のサイズが多少上下しても着られて便利です。

楽なのはよく知っている。
なぜなら私の服も、いまや多くのものにウエストゴムが入っているのだ。

でも私は「ウエストゴム製品を買ったら負け」の呪いを自分でかけているので、ウエストゴム製品を着ていてもつい隠したくなってしまうのです。
ぴったり服を着ている体をとりたい。楽な服を着ていると思われたくない。

 

何の呪いなのか。
人目なのか、自分のプライドなのか。

<スポンサーリンク>

たぶん、楽な服を着ると「おばちゃん」化してしまうようで、抵抗する気持ちがあるのかも

もう着てるのにね。
でも楽に着てないふりをしたい。

認めたくない自分の醜さであります。

 

でもみんなが堂々と着ているのを見ると、「あれ、私の呪いは何だったんだろう……」と思ってしまう。
楽でかわいい服を「楽に着てます!」と明らかにして何が悪いのか……。

だんだん自分の変なこだわりがばからしくなってきました。

 

ウエストが一切伸びない、油断ならないタイプのスカートやパンツは、それはそれで美しいラインがあり、ウエストゴムでは手に入らないシルエットの服が着られます。
それはとても素敵だと思うし、一切やめてしまうのもつまらない。

めったにはかないけど、タイトスカートなど履くと、気が引き締まる気がする。
選んだ服は、自分の気持ちも作り上げるものだと思う。

 

でもウエストゴムでかわいいシルエットなら、それでいいじゃないか。
好んで着ているものを堂々と着たい。

変な抵抗があるのは自分だけなのではないか(たぶん)。

 

次にウエストゴムのものを履くときに、果たして堂々と丸出しで着られるか。
まだわかりませんが、じわじわと自分のかけた呪いを解いていきたいところです……。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ