【かんたんおいしい】「ゆでセロリの梅マヨあえ」でセロリの新しい一面を見た!

こんにちは、つたちこです。
先月から、献立を事前にたてるのを継続中です。
ただ、メインは決まってても、ちょっとそれだけだと物足りないときがあります。

久しぶりに行った産直市場「伊都菜彩」で、必要な素材をかごに集めつつ、おいしそうな(そして安い)野菜を副菜用にいろいろ買い込んできました。

だいたい安くておいしそうなのは旬野菜。
今回は、セロリとブロッコリーがヒットでした。

 

セロリは、普段は生のまま薄切りでサラダっぽく食べることが多いです。
結構好きな野菜の一つ。
たまには別の食べ方ないかな、と思い出したのが、先日見かけたこのツイート。

ゆでセロリ!
梅マヨ!

しかも短時間調理で簡単そう。

<スポンサーリンク>

 

というわけで、実際に作ってみました。
作り方はこちら。

ゆでセロリの梅マヨあえ|【みんなのきょうの料理】

セロリを切って、少量の水で茹でて、梅干しとマヨを混ぜたのをかけて出来上がり。
レシピでは15分蒸し煮とありましたが、細めに切ったので10分くらいで様子を見ました。

実際に作ったのがこちら。

写真:茹でセロリの梅マヨソース

茹でセロリの梅マヨソース(雰囲気暗い…)

これが、とてもヒット。おいしい!

10分強も蒸し煮したら、くたくたになってしまうのでは……とちょっと懸念していたのですが、全然そんなことありません。
セロリはシャキシャキした歯ごたえは残りつつ、たしかにセロリ特有の強い香りは抑えられてます。
私は生セロリも好きですが、より食べやすくなってます。

 

<スポンサーリンク>

たたいた梅干しとマヨネーズと牛乳(うちでは豆乳で代用)のソースは、梅のさわやかさがありつつもマヨネーズのコクもあって、すごく上品な味わいです。
混ぜただけなのに!
うちにあった梅干しは塩分控えめの甘口だったので、もうちょい酸味が強い梅干しでもよいかもしれません。

 

あと特筆すべきは、セロリの葉です。

生だとごわごわして口当たりが悪いんですよね……。
全部食べきれなくて廃棄しがちで、今までちょっと後ろめたかったのでした。

でも、最後の1分で火を通すと、おひたしみたいにとても食べやすくなります。小松菜っぽい感じ。
味わいも癖がなく、梅マヨをからめて食べるととてもおいしい。

わさわさとたっぷりあった葉っぱが小さくなり、しかもとてもおいしく食べられる。
無駄がないって素晴らしい。

 

簡単でおいしい! という素晴らしいレシピでした。
セロリがまだ残っているので、またやります。

1点ポイントとしては、ちゃんと最初にセロリの筋を丁寧に剥いたほうがいいです。
(適当にやったら、口に残ったので……)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ