週に1度の片づけデー運用中。ちょこちょこ断捨離が性にあってるみたいです

こんにちは、つたちこです。
身軽に&好きなものだけに囲まれて暮らしたい、と思いつつ、普段の生活に流されて、なかなか整理整頓ができません。

福岡引っ越しから1年強。
なんとなく、最初にとりあえず置いたまま、気づけば定位置になってしまったものたち。
生活が変わったので着なくなった服や靴。
そして、そっと隅に置かれた本の入った段ボールも2つほど。

東京からの引越し前に結構処分したのですが、それでも1年経って全然使っていないものも結構出てきました。

 

いかん、このままでは全然身軽じゃない。

処分というか、整理整頓したい!
ですが、私のものだけではないので、一人でやっても効果が薄い。
オットと協働でやる必要があります。

暑いしだるいし、一度にどかんと整理しようとしてもつらいし腰が重くなる。

相談の結果、「週に1度、30分の整理デー」を設けることにしました。
30分でできる範囲だけ、と思えば、少し心の負担も軽くなります。

実際に2週ほど運用してみました。
暑いとそれだけで萎えるので、エアコンはちゃんと効いた部屋で、棚の中身を精査します。

 

私は、持ってきたものの普段使わない食器が入っていた棚や、レシピ関係の本棚をチェック。

1年間、梱包紙に包んだままだった食器の一部は思い切って処分。
使っていないものの気に入っているグラスなどは、包みを解いて、きれいに洗って使える状態でスタンバイ(その後、食事時に使ってみています)。
箱に入ったままだった食器(新品)は、リサイクルに出す想定で処分箱に移動。

レシピ本も、古すぎて全然見ていないものや、自分の作ったスクラップブックなどは処分。
いつも使う本やお気に入りのものに限定しました。

 

オットのほうは、別の棚の書類などの見直しを担当。
引越しの時にもらって、なんとなくとっておいた役所系の書類や冊子など、「ウェブで見られるよね」というのも多いのでバッサリ処分。

2週かけて、1つの棚を全部見直して、整理整頓したらかなりすっきり。
埃も払えて、中身もきれいになったので、「ここにこれがある」というのがはっきりしました。

(念のため…我が家ではなくイメージです)
オープンシェルフ、あこがれるけど埃がすごそうで躊躇する。

 

始めてわかったのは、この「週に1度、30分だけ」というのが良いみたいです。

それほど大規模なことはできないので「この棚の、この段だけやる」という範囲になります。
「ここだけなら頑張るか」と、面倒くささがちょっと減ります。

そして「30分だけ」といって始めますが、結局きりのいいところまでやるので、終わるのは45分とか1時間後だったりします。
でも、始めてしまえば苦になりません。
むしろ「もうちょっとやってもいいかな……」と思うくらいです。
やると大掛かりになるので、やらないですが。

毎日、ではなく週1なので、それくらいなら時間を割くか、という気持ちにもなれます。

 

まとめると、

  • 週に1度、30分、というハードルの低さ
  • 30分なので、それほど疲れない(いやになるまえに終わる)
  • やった結果、ちょっとだけど「この棚だけはきれいになった」という達成感あり

一度に家全部がすっきりするわけではないですが、やらない状態からは一歩前進。
これを繰り返せば、「いつの日か家全体がすっきりするのではなかろうか」という期待が持てます。

やらなくても困らない(生活はできちゃう)片付けほど、ちょこちょこ&こつこつやったほうが性に合ってるみたいです。
まずは現状整理整頓! そしてきっちり要るものだけが残った状態で、それをうまく収納する棚などを検討したい。
あと、うまく使えてない部屋をきちんと活用できるようにするぞ!

夢は大きく、行動は小さく。
長期運用でやっていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ